Jリーグチャンピオンである、
鹿島アントラーズが、
FIFAクラブワールドカップにて、
決勝進出を果たした。

いやー熱かったわー。

毎年、この大会の決勝は、
南米代表vsヨーロッパ代表って、
相場が決まってた。

そのくらい、この2つの地域は、
サッカーのレベルが高い。

だから世界中の多くの人達は、
どうせ日本が負けると思ってた。

まぁ正直、俺もそう思ってた(笑)。

でも、結果は3対0で勝利!

すっげードキドキした!

まさか?!え?勝っちゃうの?って。

そんなことあり得るの?って。

これって奇跡!?

いやいや、青春!

凄い頑張ったんだろうなー。

努力が報われる瞬間って、
凄く感動するよね。

あぁ、自分ももっと頑張らなきゃって、
鼓舞されるし、希望を持てる。

自分もそんな風に、誰かを感動させたり、
希望を与えられるような存在になりたい。

 

10月から青春同好会を設立して、
毎週サッカーしてるけど。

そのチームは、勝ち負けとか、
うまさなんて重要視してなくて。

友達の輪を拡げたり、笑って楽しんだり、
とにかく青春することを重要視してる。

サッカーは、世界一最高のスポーツ。

そんなサッカーを皆で一緒にするのは、
最高に幸せで、楽しい時間だと思う。

 

社会人チームの場合、経験者が多い。

勝ちにこだわったり、うまくなることを、
重要視してるチームが多い。

でも、未経験者でも、
サッカーを始めてみたい人もいる。

でも経験がないからうまくないし、
知らないチームに飛び込むには、
凄い勇気が必要。

不安だらけで、心配だらけ。

そんな未経験者でも、
ずっと楽しめるようなチームを作った。

 

俺は経験者だけど、
経験者だからこそ、できることや、
やるべきことがある。

プレーやルールを教えたり、
良いパスを出してあげたりね。

未経験者が自信を持ったり、
楽しいと思ってもらう為に、
あえて手加減もする。

1点リードしたら、キーパーやったり。

やっぱ試合で1番白熱するのは、
点差が近い状況だからさ。

同点に追いつこう!とか、
逆転!とか、熱いよね。

相手チームだって、
青春同好会メンバーだから、
敵味方関係なしで楽しまなきゃ。

 

青春同好会のサッカーは、
まだ7回くらいしかしてないけど、
少しずつ、皆が仲良くなってる。

サッカー自体も、うまくなってる。

想い出も、少しずつ増えてる。

そして俺自身も、何か見えてきてる。

 

何だかんだ言って、こういう風に、
チームで何かをするのは、
社会人になって初めて。

仲間と一緒に、
楽しくサッカーをしてるだけで、
心から青春できてる気がする。

大人が青春することは、
本当は、とても簡単で。

たった一歩を踏み出せば、
誰にだってできること。

青春の日々を送るか、
青春のカケラもない日々を送るか、
あなたは、どっちが良い?

そりゃあ勿論、青春する方だよね!

さぁ!初めの一歩を踏み出そう!

どんな青春をするのかは、
自分の好きなことなら何でもいいよ!

青春しようぜ!!

置いてかれんじゃねーぞ!