愛する人と仲良く幸せに笑い合ってるのも素敵だけど、
愛する人と別れて、涙を流すのも、とても素敵なこと。

表面上、仲良く寄り添ったり、笑い合うのは、
その気になれば、誰とでもできること。

でも、愛しさゆえの悲しみに暮れるのは、
本当に相手のことが好きじゃないとできないこと。

だから、失恋して涙でにじむ景色は、とても愛おしい。

 

凄く悲しくて、辛くて、また会いたいって思うけど・・。

それだけ心から誰かを愛せたことは、幸せなこと。

例え、もう二度と会えなくても。

二人が一緒に寄り添って過ごした時間は、
それまで確かにあったことだから。

その時間が例えわずかでも、ありがとうって思うよ。

 

凄く素敵な人だった。

ずっと一緒にいたかった。

寄り添う恋人を見ると、いいなって思うよ。

あの時のうちらも、周りからあんな風に見えてたのかな。

スーパーで食べ物とかを買うだけでも、とても幸せだった。

その後一緒にDVD観て、
途中で寝ちゃったりして、可愛かったよ。

 

あなたの仕事は、恋人としては辛い職業だったけど。

それでもいいって思えるくらい大好きだった。

でも、それを表に出したら、
あなたは罪悪感を抱くと思ったから、

余裕なふりして、気にしてないふりして隠してた。

でもあなたは、「その余裕が嫌」「本当に好きなの?」って、
逆に愛情不足だと感じてしまったね。

そんな風に、相手への思いやりや気遣いが、
逆に相手を傷つける場合があることを、改めて知った。

 

「好き」とか「会いたい」とか、素直に気持ちを伝えても、
うまく受け止めてもらえなかった。

「好き?」とか「会いたい?」って聞いても、なぜか怒られた。

「言いたい時に言うから!」って。

多分、そういう小さなすれ違いが、関係を悪化させていった。

相手は否定したし、怒ったけど、
やっぱうちらは相性が悪かったと思う。

付き合い続けたとしても、
ケンカや衝突が絶えない二人だったと思う。

だから、早々に終わりが来るのは必然だった。

何をどうしたって、二人に未来はなかった。

 

これから先の人生は、
どれだけの出会いと別れを繰り返すのかな。

いつかは誰かと結婚して、子供ができて、家族になるのかな。

それが誰か?いつか?なんてことは分からないけど。

失った時の辛さは、もうコリゴリなのに。

「また心から大好きな人ができますように」って、願うよ。

 

心から大好きな恋人の存在は、望まない運命を打ち破る鍵

大丈夫。諦めなければ、きっと見つかるから。

そう信じて、希望を捨てないでいよう。

好きな人が隣にいなくても、強く生きていかなくちゃね。

少しずつ、吹っ切れるように頑張ろう。

1つ1つの出会いと、
人と関わり合う時間を、大切にしていこう。

ひとまず、誰かを好きになる気持ちを、冷凍保存。

解凍される日が、1日でも早く訪れますように。