愛車

15年乗り続けた愛車との別れまで、
残り2日。

こんなに長い年月を共に過ごしたのは、
人生でこの車くらい。

実家の一軒家だって、
13年しか暮らさなかったし。

15年以上ずっと一緒にいる友達もいない。

身の回りにある物も全部、
15年以上も持ち続けてない。

 

15年って、長いよね。

この車を買った時に生まれた子が、
今は中学3年生ってことになるから。

時間の流れって恐ろしい。

 

振り返ってみると、この愛車には、
本当に色んな想い出が溢れてる。

何十人もの人達を乗せて、
何百という場所に走って行った。

色んな世界を、一緒に駆け抜けた。

18歳だった若者は、34歳の中年になった。

ピカピカだった新車は、寿命を迎えた。

 

俺はずっと、この車が好きじゃなかった。

てか、今も好きじゃない。

この車は思いっきりファミリー車で、
誰にもカッコ良いと言われたことがない。

じゃあ何でこの車を買ったかというと、
ミニバンとしては手ごろな値段で、
改造すると凄くカッコ良くなる車だから。

でもズボラな俺が、
改造なんてするわけはなく。

結局ノーマルのまま15年間走り続けた。

 

でもボロくなればなるほど、
愛着が湧いてくるんだよね。

自分と一緒に歳を取ってるようで、
基本的には、どこに行くのも一緒だから。

ただの無機質な機械なんかじゃなくて、
大切なパートナーだと思える。

普段はそんなこと思わないのに、
もうすぐさよならだと思うと、
何だか寂しい気持ちになるのが不思議。

 

生き物と違って、葬式するわけでもないし、
何も特別なことをすることなく、
いつも通りの日常を過ごす。

でも来週の今頃は、
新しい愛車に乗ってる自分がいる。

そんな毎日にも、
気が付けば慣れているんだろう。

日々は何事もなかったかのように、
新しいことが、すぐに当たり前になる。

この世界とも、色んな人達とも、
少しずつ、別れの日は近づいている。

それを忘れないで。