ずっとずっと迷っていること。

今の会社を続けていくか辞めるか。

待遇に対する不満というより、
得られるスキルが、どうでもいいものばかり。

物流や製造に関して、カケラの興味も持てない。

でも、転職するめんどくささやリスクを考えると、
決心できない自分がいる。

何の仕事を選べばいいかも、答えが出ない。

でも、仕事は生き様。

人生において、多くの時間を費やす。

そんな生き様が、こんな下らないことでいいのか。

自問自答は、とっくに終わってる。

ボーナスももらって、夏休みが控えている。
今が辞めるベストタイミング。

あと必要なのは、勇気と行動力と運。

それさえあれば、いつでも新しい世界へ羽ばたける。

 

でもそれは、忍耐力の低さのせいかなって思う時もある。

仕事は嫌なことや辛いことを我慢してするものなのかな。

お金や生活の為に、耐え続けるものなのかな。

人間関係は良好で、そこだけ見れば、一生勤めてもいいと思う。

でもね、自分を押し殺して、前時代的な仕事をするのは嫌。

もっと夢の実現に役立つような仕事がしたい。

未来には絶望しかない、惨劇が待ち受けている。

そう思うのは、この職場に勤めていることが大きな原因だ。

多分、多くの人達がそう思ってるのかもしれないけど。

この会社は、人生を諦めた人や、
他に行く所がない人が勤め続ける職場。

勤続6年目になれば、もう確信を持てる。

頑張っても報われず、頑張らなくても守られる場所。

それが分かってるのに、なぜ動けないんだろう。

 

俺も、もう33歳になった。

起業するのが夢だけど、まだまだ遠い。

かといって、世間には35歳転職限界説もある。

様々な働き方がある現代。

新しい職業に挑戦すれば、
色んな可能性が拡がるのかもしれない。

心が惹かれる職業や会社があれば、是非転職したい。

でもどうしてもネガティブになってしまう。

この歳では、ろくな転職先なんてないって。

どうせ変わらない。待遇も、良くなる可能性は低いって。

 

今の仕事について、興味がなさ過ぎて、
集中できないし、指導されても頭に入らない。

いっそのこと辞めてしまえば、
未来に希望がみえるようになるのかな。

それとも、辞めてしまったからこそ、
未来に絶望の色が濃くなってしまうのかな。

起業は遠く、転職も今より良い会社は難しい。

結局、今の会社で我慢して働くのが無難。

そう思ってしまうのは、思考停止なのかな。

 

働きながら就活するのも、平日は休めないから無理。

週末休みの会社で働くことが絶対条件だから。

結局、どの道も今のところお先真っ暗。

プライベートとは逆で、仕事は全然ダメ。

何やってもうまくいかない。

改善する気もないし、向上心もない。

こんな状況、良くない。

こんな世界になんか、いたくないのに。

 

でも、満足できるような会社にいたら、
きっと夢を追うことはなかった。

現状に不満がいっぱいあって、
何とか未来に希望を持ちたいから、
夢を実現させたいって思える。

夢があるから、希望を捨てずに生きていられる。

だから、望まない運命に抗うことをやめたいはしない!

現実に屈したりはしない!

青春するんだ!絶対に!