変わっていく世界と一緒で、
人も変わっていく。

10年前と今じゃ、考え方や価値観、
ライフスタイルも変わっていて、
同じカテゴリーだった人も、
気が付けば違う世界の住人に
なっている場合もある。

青春自分の親世代の常識や価値観を、
正しいと思って目指す人に対して、
気が付けば、興味がなくなっていた。

分かり合えるはずないって諦めて、
話しかけなくなっている。

とにかくお金を稼ぎたいだけの人や、
恋愛第一の人に対しては特に、
一緒にいたくないと思うようになった。

青春10年も経てば、色んなことが変わる。

若者からオッサンになったし、
ただ遊ぶだけじゃ満たされないし、
終わる人は、もう終わってる始末。

昔だったら、
10年以上付き合ってる友達は、
一生の宝物だと思っていたけど。

今となっては、何も変わらない者同士、
変わらず一緒にいるなんて、
保守的過ぎるって、否定してる。

仕事はお金を稼ぐ為に、
無理矢理するものだと思っていたけど、
今となっては、仕事は、
夢を叶えることだと思っている(笑)。

青春ただひたすら、理想の未来を思い描いた。

それなりに、行動や努力もしてきた。

そうしてる内に、
今まで関わっていたほとんどの人とは、
話が噛み合わなくなった。

多分、お互い言ってることが、
よく分からなくなった(笑)。

話していても「?」が、
よく頭の上に浮かんでる感じ。

「そうだよね」が減って、
「そうなんだ」が増えた。

何となくだけど、そういう感じ。

青春ただ群れるのなんて、もうやめた。

ずっと1人は嫌だけど、
どうでもいい人達と一緒にいるなんて、
青春じゃないから。

でも、今の自分と合う人は、
一体どこにいるんだろう?

マイルドヤンキーや、
前時代的で保守的な人が
溢れている地元の浜松市には、
ほとんどいないかもしれない。

違う場所に行った方が良いかも。

それとも、ここにしかない何かを、
見つけてないだけ?