夏がやってきて、とても元気で楽しい。

これからどんどん暑くなって、色んなことができるようになる。

きっと良い思いでも沢山出来る。沢山の人達と出会える。

 

でも何か違う。

今までは、友達とかと楽しくはしゃぐ時間が大好きで、
それを最優先にしてた。

女の子と遊ぶのも大好きだったし。

てか両方、今でも好きだし(笑)。

 

33歳という年齢になったせいか、そういう楽しい予定があっても、
「本当にそれでいいの?」って、疑問が浮かんでくる。

ちゃんとコンテンツ制作や起業準備を進めようとも思う。

でも、ひたすらPC作業するのも違うような気がする。

また始まったよ。あれも嫌これも嫌病が(笑)。

 

婚約者と別れた時は、
「休みの日に独りなんて耐えられない」って思ったけど、
今は一人でいたいって思う。

「ケータイが鳴らないのは寂しい」って思ってたけど、
今は外部からの干渉がなく、静かな時間が心地良い。

この、少しずつじわじわと覚醒していく感覚が良い。

自分の中の、深い部分に潜っていく感じ。

本当の自分に会いにいくような感覚。

人と関わる時間も、凄く大事なんだけど、
そういう一人の時間も、凄く大事。

 

 

毎日眠くて、でも頑張ってるのか頑張ってないのかは分からない。

頑張ってたとしても、それが正しい努力かどうか分からなくなる時もある。

それは、成果や望んだ結果が出ないから。見返りや報酬がないから。

「何の為にやってるんだろ?」って、迷ってしまうんだ。

あなたも分かるでしょ?

今、こうして眠りかけながらも文章を書いてる時も、

「こんなことして、何になるの?」って、思う。

 

友達と集まって、楽しいことして遊んで。

オシャレして、可愛い子と知り合って。

仕事もそれなりに頑張って。

そんな毎日も、幸せだと思う。

 

未来を想像してみる。

理想の未来を思い描くことから、全ては始まる。

でもその理想は、あまりにも遠すぎて、
「どうせ叶わない」って、どこかで思ってしまう。

だからと言って「普通の生活を送るのもごめんだ」って思う。

 

ほらね、結局、あれも嫌これも嫌病。

そんなんじゃ、満たされるわけない。

無気力だったり、生きてる実感が薄くなる。

一番怖いのは、その状態に慣れて、抜け殻のような状態になること。

自分の人生を、自分以外の何かや誰かに委ねてしまうこと。

 

一人で、どこか遠くに行ってみようかな。

俺も他人も、お互いが何も知らない場所へ。

今までやったことがないことをすれば、新しい発見があるかもしれない。

 

青春する為にするべきことは、沢山あるけど。

他人に青春してもらうことは、凄く難しいことなのかもしれない。

その答えが出ないと、青春コンサルタントとしては実力不足。

「この人なら大丈夫。青春できるようになるから。」

こんな言葉を言われてみたい。

俺にできることって何だろう?

夢を夢のまま終わらせたくない。

でもその夢も、時にぼんやりしたり、変わったりしてる。

だけど叶えるんだ。

青春ほど心に突き刺さったものは、
今までの人生で、他にないんだから。