俺の彼女は、21歳の大学生。

付き合って1ヶ月半。

彼女の周りには、
俺と付き合ってることを
知ってる人ばかりになった。

そんな、とある日の電話。

 

彼女「俊ちゃんね、皆にウォーターボーイズって呼ばれてるよ(笑)。」

俺「マジか!めっちゃ嬉しい!!」

彼女「え!?嬉しいの!?逆じゃない?(笑)。普通は嫌がるよ(笑)。」

俺「嬉しいよー!だからこそ、ラインの名前にもウォーターボーイズって入れてるんだしさ!俺がウォーターボーイズかぁ。キュン♡」

彼女「やっぱ変わってる(笑)。面白いね♪そういうところが好きなんだけど♡」

 

そう、俺のあだ名は
ウォーターボーイズ(笑)。

彼女が友達と遊んでる時に、
俺からのラインが来て、
それを友達に見られたのが原因。

ラインの名前に、
ウォーターボーイズって
入れちゃってるんだー♪

何それ?(笑)
ってリアクション。みんな。

それから俺は、
「紗季の彼氏」ではなく、
「ウォーターボーイズ」と
呼ばれるようになったらしい。

そういう面白ネタって、
学生の場合は特に、
拡散スピードが半端ない(笑)。

今の俺はもう、身も心も
ウォーターボーイズなんだ。←え

 

彼女は友達が沢山いて、
凄く人気者だし、
俺は彼女にとって、初の彼氏。
しかも12歳も年上のね。

それだけでも話題性高いのに。

ウォーターボーイズってことで、
更に注目が集まっている。

というか、バカにされてる?(笑)。

 

そんな俺が、
10月末に学園祭に行くから、
当日は大注目されちゃうかも。
盗撮とか?されちゃうかも。

ワクワク♪

目立ちたがり屋の俺としては、
願ったり叶ったりだ。

俺が紗季の彼氏ってことは、
絶対にすぐバレる。

その理由は、
俺が彼女の親友と一緒に
文化祭に出陣するからだ。

渚っていう子なんだけど、
渚も彼女と同じ大学。

つまり、俺の彼女を知ってる人は、
渚のことも知ってるということ!

そりゃバレるわ!
むしろ渚の彼氏かと思われるわ!

ウォーターボーイズ参上だね♪

シンクロ講演といえば、
学園祭だしさ♪

 

ていうか、意外と、
学園祭に行くの初めてだ!

人生初の学園祭。

出店とか、あるんだろうな。

出店大好き。
スイーツを食べ尽くしたい!

俺の他にも、社会人の
色んなお客さんがいるんだろうな。

学園祭に遊びに行くだけでも、
凄く楽しそう♪

そんな中、彼女がギターを弾いて
唄う姿を観に行く。

どんな風なんだろー?
きっと可愛いんだろうなー♡

演奏してない時、会えるかな?

会えたら、こっちまで
学生気分になりそうだ。

 

ウォーターボーイズとして、
バカにされたりしない為には、
見た目をちゃんとしていこう。

服装とか髪型を、
ばっちりキメていかなきゃ!

てか12歳も年下だと、
ウォーターボーイズを
観たことない人も沢山いる。

彼らが小学生低学年の頃に、
放送されていたドラマだからね。

ということは、
俺がウォーターボーイズと
呼ばれて注目されることは、
ウォーターボーイズの
宣伝になるんじゃないか?

その結果、青春最高!ってなって、
青春する人が増える!

これは意外と立派な、
青春する人を増やすという、
青春Worldsとしての活動の
一環になるんじゃないか?

うん、間違いない。
これは青春の広報活動だ!!

頑張らなきゃ!!
青春の先生として、力の見せ所!

学園祭に出陣したら、
「ウォーターボーイズ観てね!」
を連呼してやるぜ!!

ミッション、スタート!!

ファイッ!!