凄く当たり前のことだけど、
飽きたことはやめちゃおう。

仕事とか家庭環境だと、
そう簡単にはやめれないけど。

今までやってきたことや、
今まで費やしてきたお金や時間が
無駄になるとか、
そんなことは重要じゃない。

そもそも、無駄にはならないし。

いつどこでどんな経験が
誰の役に立つかなんて、
その時にならなきゃ分からないから。

この学校を卒業したから
この分野の職業を選ぶとか、
何年付き合ったから
結婚しなきゃいけないとか、
そんなことは考えなくていい。

過去に縛られて未来を選択するのは、
とても愚かなこと。

もったいなさ過ぎるよ。

だって俺達が生きているのは今現在で、
未来を生きていくんだから。

 

飽きない為の努力なんてしなくていい。

今の自分の気持ちが1番大切。

何をするかと同じくらい、
何をしないかも大切。

体は1つしかないし、
1日は24時間って決まってる。

大人になると特に、
時間の流れの早さが身に染みる。

だから本当は、
飽きたことをやってる暇なんてない。

飽きたり、つまんないと思うことに
時間やお金や労力を使うのはやめよう。

それよりも、興味があることや、
未知なる世界に飛び込んだ方が、
人生を楽しめる。

大人はできない言い訳を
見つけるのが得意だから、
飽きたってそう簡単にはやめられないって
思うかもしれないけど。

その最大の原因は、
他でもない自分自身の気持ち。

リスクや不安に
打ち勝つ自信と勇気がないせい。

でも、できると思ってやってみたら、
案外できちゃうことは多いし、
できなかったとしても、
経験や成長に繋がる。

リスクを避ける為に動かないことが、
最大のリスクになる場合もある。

結局、何が正解か不正解かは、
後になってみないと分からない。

だから今の自分の気持ちを大切にして、
色んな選択肢を決断していこう。

飽きたことをやり続けるのは、
青春をしないってことだから。