思い出は生活必需品で、
思い出が人生を形作る。

思い出は、とても大切なもの。

そして、今研究してることは、
青春は思い出作りか?という課題。

みんなは、どう思う?

 

例えば、青春のコンセプトが、
最高の思い出を作ろう!だった場合、
良い捉え方と悪い捉え方ががある。

良い捉え方としては、
思い出になる何かをすることで、
楽しい時間を過ごせること。

悪い捉え方としては、
真剣に行動してないとか、
楽しければいいっていう、
手抜き感みたいな解釈。

内容によるのかもしれないね。

 

例えば、野球部に入部する時。

「甲子園を目指します!」って人は、
凄く青春っぽい印象。

「高校の思い出作りの為」って人だと、
やる気ない、続かないって印象。

思い出作りって言うと、内容によっては、
情熱度や真剣度が低く感じることがある。

 

でも、世間一般で認識されてる青春は、
十代・学生時代の思い出だよね。

もう戻れない思春期時代を振り返って、
色んな感情や記憶を蘇らせては、
切なくて暖かい気持ちになる。

そう思うと、思い出作りは青春かも。

 

 

思い出がなかったら、寂しいよね。

ふと過去を振り返った時に、
思い出がない空っぽな記憶だったら、
凄く寂しくて悲しいと思うんだよね。

 

でも、記憶は少しずつ薄れていく。

だから、新しい思い出を、
どんどん作っていきたいよね。

どうせ作るなら、最高の思い出を。

そんな最高の思い出は、
青春することで作れるはず。

 

でも、子供が小さかった頃に、
一緒に遊んだりした思い出は、
最高だけど、青春とは違う気がする。

愛が溢れている、素晴らしい思い出だけど。

そう考えれば考える程、
思い出作りが青春かどうか、
答えを出すのが難しい。

でも、答えに近づくことはできる。

 

続く。