青春の定義は、
仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすこと。

それは間違ってないし、
それだ!って心から思える。

でも多分、それだけじゃない。

例えば、スポーツといっても、
色んな競技があるように、
青春にも、色んな形や内容がある。

前に書いた記事、4種類の青春は、
あくまでジャンル的な、種類の分別。

具体的な青春の内容でいうと、
部活とか恋愛とか、夢や趣味や仕事。

それぞれに共通することもあるけど、
共通しないこともある。

恋愛は、仲間がいなくてもできるし。

熱い今を駆け抜けてなくても、
将来輝く為に耐える場合もある。

希望や感動を巻き起こせなくても、
自分が青春することはできる。

そういうことを考えていたら、
ますます青春とは何か、
奥深くて謎めいた、不思議な気分になり、
わけが分からなくなってくる(笑)。

 

シンプルに言えば、青春の定義とは、
理想の未来を実現させようとすること

これなら、どんなジャンルの青春でも、
どんな種類の青春でも、
共通して当てはまる気がする。

先述した、
仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすことは、
確かに青春の定義ではあるけど。

正確には、究極の青春の定義かも!

よく分からないよね(笑)。

俺も考えながら記事を書いてるから、
皆も一緒に考えてみて。
青春の定義について。

 

理想の未来を実現させようとすること、か。

でもそうなると、テロリストとかも、
青春してるってことになっちゃうよな。

でも、何が正しくて間違ってるとか、
善悪の判断なんて価値観によって変わるし。

でもここは平和な日本だから、
そこまで深く考えなくてもいいのかも。

うん、そうだよね。

理想の未来自体が、間違ってる場合もある。

厳密には、手段が間違ってたりする。

理想の未来を実現させようとすることは、
やはり青春の定義なのだろうか。

 

青春の要素は、沢山あって、
全てを定義に含めると、
膨大な文字数になってしまう。

それらを上手にまとめて、
定義を聞いた人が、納得し、
青春したくなれば最高。

よし。決めた。

青春の定義は、広義としては、
理想の未来を実現させようとすること

そして、究極の青春の定義は、
仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすこと

これかな。現在の研究結果としては。

 

理想の未来に辿り着いた時に、
こんなはずじゃなかったって、
思ってしまう場合もあるけど。

実現させようとする過程自体が、
間違いなく青春なんだ。

青春は、結果や成果よりも、
内容や過程を重視する。

なぜ、誰と、どうやって、何をしたか。
何を得て、何を失ったのか。

そんな今の積み重ねを、
精一杯大切にしていこう。

青春しようぜ!