青春するっていうと、何だか抽象的で、
十代・学生のリア充的なイメージが、
一般的なのかもしれない。

実際には思春期のイメージが、
青春のイメージだと思われてる。

青春するとかさせるとか言うと、
「具体的には何するの?」って、
思う人は多いと思う。

 

青春の定義は、
理想の未来を実現させること。

これも何だか堅っ苦しい。

マジメか!みたいな(笑)。

 

青春することを、具体的に表現すると、
一番シンプルで分かりやすいのは、
好きなことややりたいことをすること

自分が毎日青春系の記事を書いていて、
その答えに気づいた。

 

青春

大好きなウォーターボーイズも、
大好きなシンクロをしたいと思って、
シンクロ公演を実現させるドラマ。

登場人物それぞれが、
シンクロをする理由を持ってる。

 

高校生活最後の夏に何かを残したい。

友達を作りたい。

自分を変えたい。

バカにした奴らを見返したい。

男らしくなりたい。

生きてるって実感したい。

 

これら全ては根本的には同じ。

青春したいって気持ちは同じ。

好きなことややりたいことをしたくて、
一生懸命頑張ったり、仲間と協力したり、
少しずつ夢の実現に近づいていく。

それって、凄く青春っぽいよね。

 

ただ、好きなことがゲームだったり、
やりたいことが犯罪の人もいる。

それらは青春にはならない。

そこで重要になるのが、
周りや世界への影響。

究極の青春の定義は、
仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすこと。

それが答え。

つまり、他人に希望と感動を与えたり、
元気にしたり楽しくしたり喜ばせたり、
良い感情にさせる結果になることが大切。

1人でできる青春がないように、
仲間や協力者が必要なように、
周りを良い方向へ変えることで、
皆と一緒に青春できる。

その上で、好きなことややりたいことを、
どんどんやっていくことで、青春できる。

何歳になっても、どんな環境でも。

さぁ、自分なりの青春をしよう!