可能性を持つことは意外と、
青春する為の大切な要素。

それは若々しさや初々しさにも繋がる。

だからこそ、十代や学生は、
何をしていても青春度が高い。

生活が保証されていて、
拘束時間が少ないことも、
可能性を広げる結果になっている。

頭も柔らかく、学んだことも吸収しやすい。

見た目も爽やかで綺麗だし。

世間的にも、許されることが多い。
若さは、それだけで大きな武器になる。

同じ夢を目指すとしても、
可能性は人それぞれ違う。

能力や才能等、適性が違うから。

ほとんどの能力は、
努力を積み重ねることで伸びていく。

でも正直、生まれ持った適性もある。

忍耐力、継続力、ポジティブ等、
色んなものに共通する適性もある。

よって、1番可能性を広げられるのは、
自分に適性があって、好きなこと。

当たり前のことだけど、
意外とできてない人、
見つけられていない人は多い。

 

ここで難しいのは、
可能性ばかり計算して、
できそうなことばかりするのは、
それはそれで青春ではないこと。

無理そうなことを実現してこそ、
感動的な輝く青春になりえる。

諦めずに真剣に立ち向かう姿は、
勇気と感動と希望を巻き起こす。

 

この一見矛盾してる問題の答えは、
できそうもないことでも、
自分が好きなことをしながら、
可能性を高めていくこと。

時間やお金等の使い方を、
しっかり考えて実行する。

でも、社会人が忙しいのも分かる。

生活費もかかるから、
お金の余裕もないし、
時間もいくらあっても足りない。

仕事で疲れてるから、
休んだりストレス解消もしたい。

家族持ちや独り暮らしなら、
家事や子育ての時間も必要。

なのに青春する時間も作ろうなんて、
とても難しいかもしれないけど。

可能性を捨てないで。

可能性を捨てるということは、
希望を捨てるということ。

希望を失った人の人生は、
ロクなものにならないし、
後悔を積み重ねることになる。

気をつけて。

青春することを、けして諦めないで。