最近気づいたこと。

青春しようとすると、
人に優しくなれる。

リア充系も、協力系も、救出系も、
夢追い系の青春も全部、
良好な人間関係の上に
成り立つからだ。

よく、人は1人じゃ生きられない
って言うけど。

青春も、1人じゃできない。

誰とも関わらずに青春するなんて、
絶対にあり得ないと断言できる。

 

世界には数えきれない程、
沢山の人達が生きている。

その中のほんの一部の人としか、
一生の内で出会えない。

だからこそ、出会えただけでも、
確率的には凄く奇跡的なことで、
大切にしなきゃいけないこと。

たった1人との出会いが、
時に運命を変える時もある。

これは大げさじゃないよ。

ほんのささいなキッカケで
仲良くなった相手と、
その先何十年も
仲間でい続ける可能性だってあるんだから。

先のことなんて分からない。

 

つまり青春したいと思うことは、
周りの人達を大切にすること。

そう考えると、自然と人に優しくなれる。

そもそも誰かに優しくすること自体、
気分良いよね。

笑顔でありがとうって言われるのって、
凄く幸せな気持ちになれる。

言われたこっちの方が、
ありがとうって言いたくなるくらい。

 

でももしかしたら、この原理は、
逆説的なのかもしれない。

青春したい人が優しくなれるんじゃなくて、
人に優しい人が青春したがるのかも。

記事を書きながら、そう思った。

もしその仮説が本当なら、
これは大発見かもしれない!

優しい人が青春したがっているなら、
優しい人を探せばいいんじゃん!(笑)

って考えて真っ先に思い浮かんだのは、
俺のオカンなんだが(笑)。

青春したがってるのかなー?
ちょっと違う気もするけど・・。

でも、青春してもらいたいとは、
思ってるはず!

だからこんな息子に育ったわけだし。

 

でも優しさにも色々あるよね。

表面上だけ取り繕ったり、
裏の目的の為だったり、
押しつけの優しさもある。

本当に優しい人を探すのは、
意外と難しいのかもしれない。

それこそ、ある程度以上、
長く深く付き合ってみないと、
分からないと思う。

 

そんな俺は、人に優しくできてるかな?

優しいとは言われるけどさ。
全然実感ない。

でもそういうのがいいのかも。

 

ということで、今回は、
青春しようぜ☆ではなく、
優しい人になろうぜ☆

で、締めさせて頂きます!