起業するって言うと、
リスクを背負って挑戦するとか、
お金持ちになろうとしてるとか、
色んなイメージがある。

俺の場合は、自分が好きなことや、
やりたいこと、適正がある仕事は
何だろうと考えたり、情報収集をした結果、
その仕事は今の世の中にはないから、
起業するしかなかっただけ。

もし青春屋がこの世にあって、
青春するチャンスや環境を提供したり、
企画や制作をしていたら、
そこに就職すればいい話だった。

 

起業準備を3年以上進めて、
実現目前の今だからこそ言えることは、
起業する難しさと、
仕事をデザインすることの、
両方が最高に楽しいということ。

好きなことをやったり、
実現させる為に考えたり行動することは、
凄く楽し過ぎて、もうやめられない。

他のもの全部捨ててもいいくらい。
他に何もいらないくらい、好き。

 

実際に起業したら、
きちんと収入を得なきゃいけないし、
苦労やストレスも増えるかもしれないけど。

そういう大変なことを乗り越えるからこそ、
喜びや感動も大きくなるはず。

逆に考えてみたら分かる。

苦労やストレスもなく順風満帆で、
何もかもうまくいったら、
多分、そんなに面白くない。

経験して、壁を乗り越えたり、
打ち抜いたからこそ、
得られるものは数多くある。

それは大きな希望と感動に繋がる。

 

でも、誰でも起業するべきかと言ったら、
それは違うとも思う(笑)。

普通に会社勤めをして給料をもらう方が、
安定してるし楽なことも事実。

それはそれで、本人にとっては、
したいことだと思うし。

家庭を守る為とか、家族を養う為に、
あえて挑戦しない気持ちも分かるし、
好きなことをする為に、
仕事を頑張る気持ちも分かる。

 

起業しなきゃ好きなことが
できないわけでもないからね。

趣味として青春していくのも最高だよ。

趣味なら、お金を稼ぐ必要もないし、
全部自分の好きなようにできる。

それもそれで良い選択だと思う。

 

ということで、何かしよっか(笑)。