不安とか怒りって負の感情は、
自らを突き動かすエネルギーになる。

要は、使い方次第。

ただ愚痴を言い続けていたり、
怒って暴言を吐いたりしても、
悪い方向にしか進めない。

でも、不安を解消する為や、
怒りの感情を起爆剤にして、
考えたり行動すれば、
良い未来に向かっていける。

 

どんな不安でも、必ず解決策はある。

解決策と思えるものを試してみて、
ダメなら、また他の方法を考える。

それを繰り返せば、
いつか答えに辿り着ける。

 

怒りの感情は、自分次第なところもある。

でも世の中には、
理不尽なできごとがあって、
どうしても嫌な奴はいる。

絶対に許せないこともある。

でも、そのおかげで、
自分のするべきことが見えてくる。

 

青春

何の不安もなく、
怒りもない日々を過ごしていたら、
ほとんどの人は、何もしなくなる。

だらだらと過ごしながら、
ネットやスマホやゲームに、
ひたすら時間を費やす人も多い。

負の感情がない状態は、
ストレスがなく、メンタルも安定する。

凄く心地良いんだよね。

だから、特別何かをする必要がない。

だから何も頑張れないし、
熱くなることもなければ、
没頭することもない。

満たされ過ぎた状況っていうのは、
ある意味、自分を腐らせていく。

 

世の中のほとんどの問題は、
人間関係か、お金に関すること。

誰とも関わらなくてよくて、
お金もいらない状況なら、
問題は少ないかもしれない。

でも、得られるものもないし、
成長もしなくなる。

動かず、学ばない日々は、
実は少しずつ、何かを失い続ける。

だからこそ、負の感情や不快な環境は、
結果的に自分の為になる。

動き、学ぶことで、
自分と自分の世界が変わる。

あえて不快な環境に飛び込んで、
負の感情になることも、時には必要。

試練や苦境は、青春するチャンスなんだ。

負の感情は、真っ向から受け止めよう。

諦めないで。自分に負けないでね。