青春の代名詞と言えば、
仲間との協力や助け合い。

青春してるなーって思えるのは、
楽しくはしゃいでる時や、
誰かを助けたり、協力し合って、
何かを成し遂げようとする時。

少年が憧れるヒーローなんて、
まさに人助けのプロだよね。

困ってる人を助けるのは、
凄く良いこと。

 

何もしてあげられることがなくても、
ただ話を聞いてあげることができる。

心配してあげることはできる。

そんなささいなことでも、
誰かを救える場合もある。

ただ手を差し伸べるだけで、
安心できる場合もある。

 

誰かを悲しませたり、
苦しませないことは、大前提。

でも世界には、悲しんでいたり、
苦しんでる人達が沢山いる。

全員を救うなんて無理かもしれないけど。

せめて自分の周りの人達だけでも、
助けてあげられれば、それで十分。

助けてもらった人は、
別の人が困ってる時に、
同じように救ってあげようとする。

その連鎖がどんどん拡がれば、
きっともっと素晴らしい世界になる。

 

桜

映画でも漫画でもゲームでも、
人を救う青春は溢れている。

それらを通じて感動したり、
いいなって思えるのに、
どこか自分とは突き放して、
別の世界の出来事として受け止める。

自分には無理だって、
無意識の内に諦めてるのかもしれない。

確かに現実世界では、
悪の大魔王を倒したり、
世界を救うヒーローになったり、
神様に会うことはできないかもしれない。

作り話の方が、良くできてるに決まってる。

現実世界では、ハッピーエンディングが
用意されてるわけでもない。

 

でもね、現実世界だからこそ、
未来は自分で作ることができる。

無限大の選択肢を、選ぶことができる。

運命なんて自分で決めればいいし、
そもそも未来はまだ決まってない。

末路が決まっている作り話より、
凄くワクワクする今と未来を、
駆け抜けてみない?

青春するってことは、
誰かを救うことにも繋がるし、
誰かを救うことで、
青春できる場合もある。

だから、たった1人でも、
1人でも多くの人を、救ってあげてね。