どんなに楽しいことでも、
嬉しいことでも、悲しいことでも、
時間の経過と共に、それらの記憶は、
薄れたり忘れたりする。

個人差はあるけど、人の脳は、
そういう仕組みになってるらしい。

昔テレビで偉い人が言ってたけど、
実際には、人の脳の記憶容量は、
新聞30万年分くらいあるらしい。

それが正しければ、
忘れたと思っている記憶も、
実は脳のどこかに残っている。

それでも、思い出せないのは、
そうでなければ、
人は生きていけないからかも。

 

思い出せなくなるのは、
思い出さなくなるから。

俺は今でもたまに、
口ずさむフレーズがある。

とーきめきはー、
とめどなーくあーふれだーす。

確か、10年くらい前のYUKIさんの曲。

定期的に無意識に口ずさんでるから、
ここのフレーズとメロディーだけ、
ずっと覚えてるんだけど。

肝心の曲名と、他の部分は忘れてる。

定期的に思い出したり、してることは、
忘れずにいられるみたい。

その逆で、思い出さないことは、
どんどん忘れていく。

でも記憶のどこかには、
ちゃんと残っていて。

覚えてる誰かが話したりとか、
昔の写真や記録などを見て、
思い出せるんだと思う。

完全に思い出すことができずに、
記憶や気持ちが薄れていても、
確かに残っている。

多分、死ぬか病気になるまで。

 

記憶

 

残りの人生、何十年の間に、
どれだけの記憶を積み重ねていくだろう。

良いことも、悪いことも、
未来は何が起こるか分からない。

過去の出来事も、いつの間にか、
まるで他人事みたいになってる。

それは別にいいと思う。

人も含めて全てのものは、
時間と共に変わり続けるから。

 

でも、未来を他人事にしてはいけない。

理想の未来を創っていこう。

それが、青春するってこと。

理想の未来を実現させれば、
今までの出来事全てを正解にできる。

それだけは、忘れないで。