日本は、自殺者と鬱病患者、
及びその予備軍の人数が多い。

原因は何か知ってる?

ちょっと考えてみて。

 

長時間労働をしているから?
孤独な人が増えているから?
ネット社会だから?
貧富の差が激しいから?
希望がないから?
いじめが多いから?

 

生きていれば、
辛いことや苦しいこともある。

嬉しいことや楽しいこともある。

でも、自殺したり鬱になる人は、
その割合が、極端に悪い方に偏って、
生きてることをやめたくなる。

ある程度まで落ち込むと、
もう誰の言葉も届かない。

心を閉ざし、周りをシャットアウトする。

そして、更に周りに人はいなくなり、
立ち直りにくくなる悪循環。

仕事や学校に行かなくなれば、
例え復活したとしても、
社会復帰という高いハードルが
未来に待ち受けている。

忍耐や継続を美学と考える、
古い日本的な考えや価値観が、
現代の人達を苦しめている。

 

答えを発表します。

自殺や鬱病患者になる理由は、
自分らしく生きられないから

それがシンプルな答え。

自分らしく、好きに自由に生きていれば、
自殺なんて考えないし、
落ち込んで鬱になることもない。

自分らしく好きに生きられないと、
生きていたくなくなる。

それは、わがままな意味じゃなくて。

それだけこの国は、社会的な意味では、
人によってはとても生き辛い場所。

個性や自由を認めにくく、
同一性を重視し、求めるから。

 

落ち込んで気持ちに余裕がないと、
冷静で的確な判断もしにくくなる。

だから間違いをしてしまいがち。

心の状態は、それだけ影響が大きい。

 

でも大丈夫。

自殺や鬱を防止・抑制する、
良い方法を教えてあげるよ。

 

続く。