ほとんど何も聞こえない静寂の中、
目が覚めて思ったこと。感じたこと。

それは、周りから入ってくる情報と、
自分自身と向き合うことの、
大切さとバランス。

世界には情報が溢れていて、
全てをインプットするのは難しいし、
その必要もない。

だからまず始めに、自分自身と向き合って、
何をするか、何をしないかを決める。

そしてそこから、
集めるべき情報を探して選ぶ。

道筋としては、この方が良いと思う。

 

世界には数えきれない程沢山の人や物、
情報が溢れてる。

そこで生きる俺達1人1人は、
それぞれ自分だけの世界を持ってる。

自分に見えている景色は、
自分にしか見れない。

同じ景色を見ていても、
他人とは見え方も感じ方も違う。

だから、同じ世界は存在しない。

自分の世界は、自分だけのもの。

 

自分の世界を自分が望むものにする為には、
ブレない自分軸が必要。

自分軸とは、自分の本当の気持ちや、
強い決意や覚悟なんかで形成される。

好きな事をして、嫌いな事はしないとか。

我慢する事と、我慢しない事。
お金や時間を使う事と、使わない事。

そんな小さな選択によって、
自分の世界は変わっていく。

そして、周りからの情報や、
他人との関わりによって、
自分の世界は更に加速し、拡がっていく。

それが、最近実感してること。

 

静寂の中、自分の気持ちを探したり、
言葉に表してみようとすると、
いつもは気づかないことや、
新しい発見がある。

それはけして、良いものばかりじゃない。

自分の嫌なところとか、
ダメな部分も見えてくる。

自分を疑い出してしまう時もある。

 

でも、それがいい。

そうやって、
あーだこーだぐるぐる考えて、
もがいてあがく時間があるからこそ、
青春していけるから。

何も考えず、ただ流されて、
不平不満から抜け出せない人は、
絶対に青春できないから。

自分自身から逃げずに、
ちゃんと向き合ってね。

逃げずに戦った後に見える景色は、
きっと素晴らしいはずだから。