夢を持とうとか、
目標を高く設定しようとか、
理想論はそこら中に溢れている。

努力することが正しくて、
怠けてはいけない。

日本人の多くが、そんな常識を持っている。

でも実際は、人それぞれ、
能力や価値観が違う。

得意と好きが一致しない場合もある。

高い幸福度は、能力と理想の上に成り立つ。

 

例えば、40歳を過ぎた人が、
未経験にも関わらず、
サッカー選手になろうとしても、
ハッキリ言って遅い。

60歳を越えた女性が、
出産することはできない。

世の中には、今更遅いことがある。

それが現実。

能力に見合わない理想を追うと、
自分も周りも幸福を感じるどころか、
苦しむことになりかねない。

身の程っていうのは、凄く大切。

できる範囲のことをやっていって、
届く範囲で頑張ることは、
決して諦めることではない。

 

ただし、能力は高めることができる。

自分を過小評価したり、
最初から諦めるのは良くない。

不可能を可能にすることはできる。

熱い情熱と継続力があれば、
何もしなかった場合と比べ、
別人レベルになることもできる。

少し矛盾してるように
聞こえるかもしれないけど。

意外と、できることは多いし、
可能性は広い。

今の自分が、ギリギリできそうなことを、
まずは目標にしてみよう。

その目標を達成できたら、また同じように、
ギリギリできそうな目標を設定する。

その連続で、少しずつ能力が高まり、
理想の未来は近づいていく。

小さな一歩も、続けて行けば、
100歩にも1000歩にもなる。

その方が、やる気も出るし、
自信もついてくる。

何事も、経験の積み重ねが大事。

失敗も成功も、両方必要。

無理し過ぎない程度に、
頑張り続けて行こう。

楽しくなくて、ただ辛いだけじゃ、
続かないしさ。

地道な努力をコツコツ積み重ねることが、
目標達成への一番の近道だと思う。

そうして、幸せになっていこうね。