絶望を乗り越えた先には、
人を救う力を手に入れることができる。

傷つき苦しんだ人ほど、
人に優しくなれるから。

まぁ、中には
やさぐれちゃう人もいるけどね(笑)。

結局人間は、
自分が経験しないと分からない生き物。

傷つくことや苦しみも、
優しくされた時の嬉しさも、
何かしてくれた喜びも、
体験してみないと分からない。

そういう経験を積み重ねることで、
人間性が高まっていく。

逆に、苦しみや嫌なことを
避けてばかりいると、
いつまで経っても成長できないまま、
年齢だけどんどん高くなり、
しょうもない大人になってしまう。

 

成長することは、苦しむということ。

負荷なくして成長はできないから。

変わることは、難しい。

でも成長できれば、
できなかったことができるようになる。

そうすれば、
色んな可能性が拡がっていく。

 

現状が嫌で、苦しくて、
死にたいって思ってる人もいる。

でもそこは何とかして乗り越えて欲しい。

絶望を乗り越えた先は、
他の誰かを救える人になれるから。

そして、救われた人は、
また他の誰かを救おうとする。

その連鎖は、
救い合い助け合う世界を作り出す。

直接的にも、直接的じゃなくても、
それらはいつか自分に還ってくる。

誰かを救うことは、
自分を救うことにもなる。

直接的な見返りがなくても、
無駄なことにはならない。

 

一生懸命生きていれば、希望は見える。

希望はいつだってある。

たまに見えなくなってしまう時もあるけど。

見つからないなら探せばいいし、
ないなら作ればいい。

大切なのは、絶対に希望はあるって、
心から信じること。

どんなに辛くても、
絶望の色に染まっていても、
未来はまだ決まってなんかいない。

運命があるのかないのかは分からないけど、
今この瞬間の積み重ねで
未来は変わっていく。

希望を信じてさえいれば、
絶望はいつまでも続かない。

その為にも、青春しよう。

いつか、絶望に暮れいていた日々さえも、
正解だったって思えるように。

希望