ほとんどの人達は、生活の為に働いてる。

自分もそうなんだけどさ。

生活の為に働くことって、
そもそも働く意味というか、
働く本質からずれてると思う。

本来の働く理由は、
自分の能力を生かして社会貢献したり、
世界をより良くして、
色んな人達を幸せにすること。

その対価として、給料を頂くこと。

そう考えると、
働くことが凄く楽しくてワクワクする。

自分の働きや仕事によって、
誰かを幸せにしたり、
世界を良い方向へ変えていくのは、
とても素晴らしくて、幸せなこと。

 

その反面、「仕事は嫌なことをすること」
って言う人もいる。

皆がしたくないことをするから、
給料が発生するという考え。

給料が発生する代わりに、
嫌なことやってっていう意味でもある。

これも人によっては正しい。

社会の歯車を回す為には、
皆がしたくないことをする人も必要。

全員がやりたいことだけしてたら、
社会が成り立たないのも事実。

皆が皆、高い志を持ってるわけじゃないし。

 

でもね、仕事をする時間は、
社会人にとって大きな割合を占める。

ということは、どんな仕事をしているかは、
その人自身の生き様になる。

何の仕事をしてるかによって、
価値観や人間性や能力等を、
推測される場合も多い。

仕事はステータスの代表でもあるし。

何の仕事をしてるかによって、
相手の認識も態度も変わる。

仕事っていうと、
給料等の待遇ばかり注目されがちだけど。

本当に大切なことは、
何の為に働いているかだと思う。

生活の為に仕方なく働くのは、
正しいのか正しくないのか。

答えは人それぞれだろうけど。

俺は、そんな人生を生きたくはない。

いつだって夢を追っていたいし、
理想の未来を実現させたいから。