こんな有名な話がある。

とある男性が、毎日家の近くの湖で、
魚釣りをする日々を過ごしていた。

とてもよく釣れる湖だけど、男性は、
その日食べる分だけ釣れたら、
帰宅して、のんびり過ごしていた。

そこへとあるビジネスマンが訪れて、
男性に話かけた。

 

こんなに魚がよく釣れるなら、
もっと沢山釣って、市場で売ればいいのに。
ビジネスマンは、そうアドバイスした。

男性は、なぜ?と、問い返した。

そうすれば、儲かるから。
ビジネスマンは、迷うことなく答えた。

儲かったら、どうする?
と、男性は再び問い返す。

そしたら、大きな漁獲船を買って、
更に沢山の魚を釣って、
売って、もっと儲ける。
ビジネスマンは、さも当たり前かのように、
返答をした。

その後は?
男性は、問い返しをやめない。

富を得た後は、
のんびり悠々自適な毎日を過ごせる。
ビジネスマンは、少し考えた後、
そう答えた。

それ、今やってるよ。
それが、男性の答えだった。

ビジネスマンは、返答をできなかった。

 

この話のように、実は今現在が既に、
理想の毎日という場合がある。

当たり前過ぎて、気づけない理想の毎日。

毎日ご飯が食べれて、住む家がある。
着る物に困らず、仕事がある。
誰かと話すことができる。
目が見えて、音が聞こえる。

そんな当たり前のことも、
本当は、とてもありがたいこと。

 

俺が最初に起業を志した理由は、
お金を沢山稼ぎたかったのと、
自分が好きな仕事をしたかったから。

起業を志す理由としては、
ありふれた内容かもしれない。

自分の気持ちを最優先させた答え。

でも起業準備を進めて行くうちに、
もっと世界をより良くしてこうとか、
青春したくてもできてない人達に、
青春してもらいたいとか、
周りのことも考えられるようになった。

 

でも実際は、今の自分の毎日は、
すでに理想の毎日のような気もしてる。

大好きで、愛し合えてる彼女がいて、
仲良しな友達と一緒にいられて、
人間関係が良好で、アットホームな職場で、
管理者として仕事をさせてもらっている。

趣味としては、ダンスやフットサルを、
楽しみながらやっている。

街コンリーダーのバイトでも、
男女問わず、色んな人達との出会いがある。

睡眠時間は、毎日3~4時間しかないけど。

33歳になった今でも、
青春の日々を送れている。

だから、もうこのままでいいかなって、
ふと思う時もある。

夢なんて追わず、リスクを背負わず、
楽しく幸せな毎日を、
このまま過ごしていけたら、
それでいいのかもしれない。

いつの間にか、理想の未来に、
辿り着いていたのかもしれない。

こんな風に、本当の幸せは、
凄く近くにあるのかもしれない。

 

あなたも、自分の近くを、
ちゃんと見てみてね。

実はもうとっくに、
理想の未来に辿り着ているかも。