青春の定義は、
理想の未来を実現させようとすること。

ということは、まず始めに、
理想の未来を思い描くことが、
青春の始まりになる。

幸せになりたいとか、
お金持ちになりたいとか、
漠然としたものでもいい。

でも、具体的であればある程、
実現しやすくなる。

 

どんな職業に就きたいのか。

どんな遊びをしたいのか。

どんな生活を送りたいのか。

何を達成したいのか。

 

忙しい毎日に追われていると、
理想の未来が何なのか、
分からなくなってくる。

理想の未来を思い描くことは、
誰にだってできるのに。

大人よりも子供の方が上手だったりする。

子供の方が色んなことを知らない分、
純粋に理想を思い描きやすいのかも。

そんな風に、時に知識や経験は、
自分自身の自由を奪ってしまう。

 

確かに、子供の方が大人よりも、
成長率も高く、柔軟で吸収しやすい。

若い分、色んな可能性が高い。

でも、そんなのは全部言い訳。

頭で理想を思い描くことは、
大人だって、できることだから。

 

理想の未来を思い描けば、
自分の価値観がはっきりする。

そうすれば、毎日の様々な選択肢を、
より正しく選び、決断することができる。

理想の未来は、辿り着きたい場所。

そこに向かう日々は、青春の日々であり、
辿り着きたい場所に近づく決断は、
全て正解になる。

 

 

忙しくて、余裕がなくて、自信がないから、
理想の未来を思い描くことは、
とても難しいかもしれない。

考えても分からないかもしれない。

でも、絶対に、自分のどこかにある。

理想の未来がない人なんて、
どこにもいない。

自分自身が、諦めて目を塞いでいるだけ。

「だって今更転職できないもん」

「もう結婚しちゃってるし」

「そんな実力や能力ないし」

「もうこんな歳だし」

そう言って諦めて、頑張らない。

その方が楽だし、納得できるから。

理想の未来を思い描いて、
望まない現状を認めたくないから。

 

別に無理なんてしなくていい。

必死で頑張らなくてもいい。

でも、理想の未来を思い描こう。

自分の本当の気持ちに向き合って、
考えて、想像することをやめないで。

そして、どんなに小さいことでもいいから、
自分にできることから始めてみよう。

それが青春の始まり。