最近、会社でこんな会話を聞いた。

「何か楽しいことないかなー?」

「キャバかパチンコ行くしかないな!」

どーよ、これ。

楽しいことが、キャバかパチンコて。

何てしがない毎日を過ごしているの(笑)。

 

キャバに行くと酔っぱらって、
綺麗な(?)お姉さんとお喋りできる。

パチンコはお金を賭けて、
運試しみたいなことをする。

どちらも刺激的で、欲望的。

だからこそ、感情的になり、
本能を直接刺激する。

だから楽しいと感じやすい。

でも、それが唯一の楽しみって。

傍から見てて、寂し過ぎる。

 

年齢問わず、ほとんどの人達は、
面白いことや楽しいことが大好き。

だから何かを探し求める。

でも現実的には、楽しい何かを、
見つけられない場合もある。

だからこそ、ゲームやギャンブル、
アニメやテレビ、動画にお酒など、
現実逃避をしがち。

現実が楽しくないから、
仮想現実や作り物の世界に浸る。

それが現実逃避。

それはとても楽で、傷つかない。

現実逃避なんかしても、
肝心の現実は何も変わらない。

でもやっぱり楽しいものは楽しいし、
現実逃避をすることによって、
心の平穏を取り戻せる場合もある。

だから一概に、
現実逃避が悪いとは言えない。

誰もが常に、
心を強く保てるわけじゃないから。

全て真正面から受け止めると、
心が壊れてしまう場合もある。

危ない時は、逃げれるべきだと思う。

 

でも、ずっと現実逃避のままはやめよう。

いつかは必ず現実に帰ってくること。

でないと、本当に大切なものや、
楽しいと思えることを見つけられない。

そして、現実はつまらないって、
決めつけてしまうことになる。

あまり仮想現実に浸り過ぎると、
誰も手を差し伸べてくれなくなる。

それは孤独。

人は絶対に、独りになってはいけない。

独りでできる楽しいことなんて、
たかが知れてるから。

自分を甘やかし過ぎず、
自分に負けずに、現実と向き合おう。

その先にはきっと、希望があるはず。

何よりも1番楽しいのは、
青春することなんだから。