大きな夢であるほど、
実は犠牲にすることが多くなりがち。

時間やお金を使うし、
我慢することも増える。

本当なら遊びたかったり、
会いたいと思ってる人でも、
一緒にいれなかったりする。

 

正確には、犠牲って言葉は、
少し違うかもしれない。

1番したいことの為に、
2番目以下が薄くなる感じ。

だからと言って、
2番目以下を大切にすると、
1番大切なことをほったらかす。

それはそれで、
罪悪感や後悔の気持ちが押し寄せる。

 

でも大切なものは沢山あり過ぎて、
捨てるものとか犠牲にするものを、
うまく選べない。

きっと悪い意味で、欲張りでわがまま。

でも、そんな人間らしい心も大切で、
頭で考えて正解や不正解を決めたり、
理屈だけで動く人間なんかになりたくない。

だからと言って感情だけで動いて、
叶うような簡単な夢ばかりじゃない。

ほっとけば多分、
楽な方に流されやすくなる。

あれこれ考えても答えなんか出ない。

それだけ「丁度良い」とか、
バランスが取れてる状態になるのは難しい。

例えば、バリバリ働いて、
家族の為にお金を稼ぐことと、
子供と一緒に過ごす時間を確保すること、
どっちが大事かなんて、
簡単に答えは出ないと思う。

 

 

「誰かを傷つけたくない」
「でも自分を犠牲にしたくない」

「喜ばせてあげたい」
「でもそこまでしてやれない」

そんな「想い」と「本音」が、
相反する中途半端な優しさを生み出す。

「してあげたいこと」と
「してあげられること」は違うから。

それはそれで、切なかったり、
尊い感情だったりするけど。

愛や思いやりがあったとしても、
相手と自分を傷つけてしまう場合もある。

人間関係や人の気持ちや感情って、
それだけ複雑で難しいもの。

だからこそ面白いし、愛おしいんだけどね。