過去に告白をした経験はあるけど、
凄く適当というか、軽い感じだった(笑)。

「じゃあ付き合っちゃえば?」って、他人事(笑)。

「付き合って下さい」と一言。
しかもOKもらえる確証がある上での勝ち戦。

そんなんじゃダメ!

もっと熱い告白をしなきゃ!
フラれても「青春した」って思えるような、
最高の思い出になるような告白を!

やっぱ熱い告白の条件としては、
情熱的で男らしくシンプルに!だよね!

色んな言葉を沢山並べて伝えたい気持ちも分かるし、
実際にそれが効果的な相手もいると思うけど。

恋愛は感情でするものだから、
やっぱ感情的な情熱を伝えるのが青春!

熱い告白って、どんなパターンがあるんだろ?

どんな告白をしたいか、されたいか、
一緒に考えてみよう。

 

告白にも、状況や相手との関係性の違いがある。

「好きです!」って言った時に、
相手が驚くか、やっぱりって思うかとか。

酔っぱらってるかシラフかとか。

友達か仕事仲間か、恋愛的雰囲気か。

それぞれのケースに合った告白がある。

相手がこっちの気持ちに気づいていない場合、
きちんと説明する必要があるかも。

いきなり「好きです!」って言われても、
凄くビックリするし、頭がショートしそう。

だがそれがいい。
慌てふためく様が最高だね♡

でもそういうパターンは、現実では少ないかも。

好きって気持ちってさ、表面化しちゃいがちだから。

だから告白する多くのパターンは、
少しは気持ちが気づかれてる状況。

今回は、それ前提で熱い告白を考えていこう。

告白の前から、成功確実の場合もあれば、
失敗確実の場合もある。

でもどちらの場合でも、告白によって結果が覆るかも。

自分のキャラによっても、告白の仕方が変わるかも。

 

1.「好きです!付き合って下さい!」

この何のへんてつもないシンプルな告白は、
「え?それだけ?普通過ぎる!」って思われそう。
意外と、絶対に言っちゃいけない告白かも。

「好きだよ。付き合おう。」って言い方にすれば、
男らしい感じがして良いかも。
同じ内容でも、言い方で印象は変わる。

 

2.「俺の彼女になってよ。」

普通?ちょっと男らしいかも。

告白ってさ、笑顔か真剣な表情かで、
印象が全然違う感じになるよね。

でもやっぱこれも、少し物足りないかも。

 

3.「君のことが大好きだよ。○○○だから、付き合って下さい!」

「○○○だから」をどう埋める?
絶対に幸せにしてみせる?
この気持ちが変わることはないから?
後悔させないように頑張るから?

あーもう!考え過ぎてよく分からんくなってきた!(笑)

今度告白してみようかなー?

何て言おう?(笑)

結論!言葉よりも、表情や言い方!(笑)

何て言うかより、どう言うか。

情熱的に男らしくシンプルに伝えよう!

それじゃ、行ってらっしゃい♪(笑)