楽しく遊ぶのも青春だし、
厳しさの中努力するのも青春。

どっちが良いとか悪いとかじゃなくて、
時と場合によって、どちらかがふさわしい。

ただ楽しいだけだと、成長率は低いし、
楽をしたいという逃避の場合もある。

厳しさは成長率を高めるけど、
色々余裕がなくなったり、
キツイから嫌いになる場合もある。

どっちが正解かは、本人の気持ち次第。

 

結局は、同じ気持ちの人達と、
一緒に何かをするのが一番良い。

気持ちや向いてる方向が違う人とは、
すれ違うし噛み合わない。

お互い邪魔をし合ってしまう。

辿り着きたい場所が違うから、
心を一つにできない。

仲間になれるわけない。

 

青春的な目線で言うと、
楽しさより厳しさの方が、
真剣だし青春らしいと思う。

周りから見ても、
本人達が楽しいだけの何かよりも、
真剣に何かに打ち込んでる方が、
心を突き動かされるものだから。

それに、楽しいだけの何かは、
その時点でゴールに辿り着いてる。

もっと楽しくするために、
努力をする場合もあるけど。

多分、そこそこの努力はするけど、
そこまで頑張れない。

キツイ思いをする程の努力は、
楽しさとは真逆な行動だから。

 

厳しく何かに打ち込むことは、
楽しさと真逆とも言える。

例えば全国大会の決勝戦とか、
人生を懸けた受験当日とかは、
楽しいとは思えないはず。

それどころじゃないよね。

真剣に、全力を出し切ることを、
一番重視して集中すると思う。

それにより、楽しいだけじゃ、
けして味わえない喜びや感動を、
体験できたり、与えたりできる。

厳しさの中、努力し続けないと、
辿り着けない場所や景色がある。

 

多分、好きなことややりたいことを
やってるだけでは、夢は叶わない。

仲良しこよしは楽で居心地が良いけど、
代わりに失うものもある。
手に入らないものがある。

現代人の多くが、
心のどこかに虚無感を感じたり、
充実感や達成感を欲しがるのは、
それが原因かもしれない。

 

続く。