本当に大切なものを失った時、
人は死ぬ気で頑張れたり、
死んだ方がマシって思うくらい、
辛い気持ちになったりする。

人間らしい人生を送っていれば、
必ずそういう経験をする。

大切なものを、
大切なまま持ち続けることは、
とても難しいから。

 

傷つけたこと、傷つけられたこと、
いっぱいあると思う。

覚えていること、忘れたこと、
いっぱいあると思う。

人生は、それらの繰り返しでもあり、
避けて通れないことは、
良くも悪くも沢山ある。

 

近くにい過ぎたり、
あるのが当たり前に思えて、
本当に大切なものを見失う。

実際に失った時になって、
やっと、その大切さに気付く。

後悔しても遅い時もあって、
取り返しがつかなくなって、
心は行き場を失くしてしまう。

そんな悲しい思い、
誰にもさせたくないよ。

 

でも人は、感謝の気持ちをすぐ忘れて、
失った悲しみも、いつか忘れる。

同じ過ちを繰り返す、愚かな生き物。

だからと言って、自分勝手に、
好き放題に生きていいわけじゃない。

世界は、誰かが死んで、
誰かが生まれることの繰り返し。

あなたが無駄にした今日は、
昨日死んだ誰かが、
死ぬほど生きたかった明日なんだ。

 

大切な何かを守る為に、
他の大切な何かを犠牲にしたり、
大きな代償を払う時もある。

悩み迷い、選べない時もある。

どちらも正解の時もあれば、
どちらも不正解の場合もある。

そんなわけわかんない状況は、
自分で答えを見つけられなくて、
どうしても逃げたくなる。

でも最終的には、何かを選ぶしかない。

どれだけ先延ばしにしたって、いつかは、
自分なりの答えを出さなきゃいけない。

どんなに辛くても、悲しくても。

 

ただ、1つだけ確かなことは、
皆、いつかは必ず死ぬということ。

いつか自分は、この世界から消える。

残された時間は、こうしてる間にも、
少しずつ減っている。

それを忘れないで。

どうか、あなたは、本当に大切なものを、
見失うことなく、選べますように。