好きな時間に寝て起きて、
何をするかを自分で決めて、
ほぼ完全自由な生活を送っていると、
分かることも沢山ある。

その内の1つが、時間感覚。

 

社会人でも学生でも、
個人によって時間感覚は異なる。

一般的に、楽しい時間は早く過ぎて、
つまらない時間は遅く過ぎる。

楽しい時間は、あっという間に過ぎ去る。

もっと一緒にいたいとか、
もっと遊んでいたいと思ってると、
すぐに終わりの時間になる。

 

時間に追われていると早く感じて、
時間を追っていると遅く感じる。

この場合は、楽しいかつまらないか、
内容が関係ない場合も多い。

嫌な仕事でも、忙し過ぎると、
いつの間にか終業時間になるし、
好きな仕事でも、暇だと長く感じる。

 

他には、人間関係においても、
普通に無言でいられる相手もいれば、
無言が気まずいと感じる相手もいる。

緊張する相手と一緒にいると、
時間が長く感じる。

このように、一緒にいる相手によっても、
時間感覚は変化する。

 

新鮮なことをする時も、
集中したり興味があるせいか、
時間は早く感じる。

逆に、慣れたことや飽きたことは、
同じことの繰り返しになりがちで、
時間は遅く感じる。

 

 

時間感覚が、早い方が良いとか、
遅い方が良いって意識は、
普段はほとんど考えないと思う。

でも、時間感覚が早く感じることは、
良いことや青春っぽいことが多い。

あと、自分が35歳だから分かるんだけど、
生き様が見た目に大きく関連してる。

つまらない時間を過ごしてる人は、
生気や元気がなく、老けて見えやすい。

30代になっても若々しい人は、
楽しいことや好きなことをしてる。

これらの事実から、時間感覚は、
青春や人生に大きく関連してる。

 

青春

 

例えば、10時間という現実時間を、
1時間と感じた場合、感覚的には、
普通の人より9時間短くなる。

極端な話にすると、
10年生きても1年生きた感覚だから、
1歳しか歳を取らないようなイメージ。

だから若く見えるという理論。

少しとんでもない理論だけど、
体感時間と現実世界の時間が、
全く同じという証明は、されていない。

どんな仮説も、可能性はある。

 

青春

 

自由な時間を過ごしてると、
時間感覚は、常に早い。

それは、今を生きてるということ。

人は産まれた時からずっと、
死に向かって時間を使い続ける。

時間を使うということは、
命を使うのと同じ。

自分の命が大事なら、
自分に与えられた時間も大事なはず。

命を無駄に使うのはやめよう。

つまらないことをやってる暇なんてない。

常に時間が早く感じる生き方をして、
悔いのない人生を送ってね。