無職でいられる期間は短い。

そもそもお金がもたないから、
どんな形であれ、働くことになる。

だから、無職の今は、とても大切な時間。

無職の気持ちは、今しか体験できない、
貴重な学びと気づきの期間。

 

無職になった今、ほぼ100%自由に、
好きなことしかしていない。

そこで気づいたことは、多くの人達が、
時間への言い訳をしてるってこと。

正確に言うと、言い訳をしながら、
時間を浪費している。

「給料が発生してるから」と言って、
嫌な仕事を我慢してしたり、
「こういう付き合いも大事」と思って、
会いたくもない人と会ったりする。

お金を稼ぐためだけに働いていたり、
周りの目を気にし過ぎてる人は、
「本当にしたいこと」に対しては、
時間をほとんど使えてない。

そうして、あっという間に、
1週間、1ヶ月と、時が過ぎ去って行く。

 

俺は6月に入ってから、
ほとんど会社には行ってないけど、
6月は、今までの人生で1番勉強した。

いつでもスマホをいじれるから、
調べたいことをすぐ調べられるし、
思いついたことは、すぐに書き出せる。

眠たい時や疲れた時に、
無理矢理何かをすることもないから、
集中力が高く、吸収率や成長率も高くなる。

収入を捨てて、やりたいことをするから、
時間を無駄にしない意識が強くなった。

それが、今を生きるということ。

 

自分の人生は、自分のものなんだから、
もっと自分の好きに生きていい。

人生は1度しかないし、
いつ終わるかも分からない。

でも、いつか必ず終わる。

未来を思い描くことはできても、
過去に戻ることはできない。

その事実から目をそらして、
時間への言い訳をして今を生きないのは、
自分の人生を自分で放棄したのと同じ。

考え方や解釈を、
自分の都合の良い方向へ変えて、
自分を納得させてるだけじゃ、面白くない。

 

今この瞬間、青春しよう。

自分の時間を生きるんだ。

悔いなき人生を送る為に!

太陽