世間一般的に言われる「成功者」は、
どんな定義づけなのか、考えてみた。

成功者って聞くと、
ビジネス系のイメージがあるよね。

 

シンプルに考えると、
3つの要素からなる成功者の定義は↓

1.社会的地位が高い
2.収益・収入が高い
3.信念を持てる仕事をしてる

上記3つだと思う。

 

「高い」の基準は人それぞれ違うから、
あえて数値化してないけど。

この3つの定義は、独立してなくて、
連動し合う事が多い。

 

社会的地位が高ければ、
収益が高まりやすく、
信念を持てる事業をしやすくなる。

収益が高ければ、
自然と社会的地位は高まるし、
信念を持てる事業を実行できる。

信念を持てる仕事をすれば、
収益が高まりやすく、
社会的地位も高まっていく。

 

世の中には「成功者になりたい」と
思う人もいる。

でも中には、
単なるエゴでしかない場合がある。

有名になりたいとか、
お金持ちになりたいとかね。

そうなりたい理由を掘り下げると、
有名人と仲良くなれるとか、
高い物を買えるようになるとか、
更にエゴが強い内容になる。

 

でもね、成功者になれる人はきっと、
他人や世界の為を想って行動してる人。

「社会的な問題を解決したい」とか、
「希望や感動を与えたい」とか、
優しくて思いやりがある、
人間性の高い人が成功できると思う。

「年収2千万円を目指すぞ!」
って言ってる人と、
「世界から子供の虐待をなくすぞ!」
って言ってる人がいたら、
どっちの人に協力したいって思う?

聞くまでもないよね。

 

「有名になりたい」とか、
「お金持ちになりたい」っていう、
自分本位で低次元な信念じゃ、
成功できるわけない。

他人や世界を巻き込めないから。

自分の事ばかり考えてる人なんて、
周りからしたら、どうでもいい人だし、
できれば関わりたくないんだから(笑)。

 

せっかく生まれてきたんだからさ、
自分なりの信念を表に出して、成功して、
世界、変えてみない?

きっと俺達は、その為に生きてる。