人は、親密度が低い人には、
表面上を取り繕ったりする。

逆に、親密度が高い人には、
感情的になりやすい。

それは、親密度が高い人には、
心を許し、心を開いていて、
素直な自分をさらけ出しているから。

それは場合によっては、
良いことにも悪いことになる。

 

素直な自分をさらけ出して、
感情をそのまま相手に伝えることは、
時に相手を傷つけることになる。

本当は言っちゃいけないことって、
頭では分かってるつもりでも、
自然と言葉にしてしまう。

そして行動面でも、
相手よりも自分を優先させてしまう。

大切で、愛してるがゆえに、
相手を傷つけてしまうなんて、
とても悲しいこと。

 

後になって後悔しても、遅いんだ。

一度発した言葉や、した行動は、
許してもらったり、忘れることはあっても、
消えることはないから。

 

愛

 

愛してる人に拒まれるたり、
望む大きさの愛をもらえないことで、
愛が憎しみに変わる時もある。

愛してる相手に対しては、
より沢山の、より多くのものを求める。

構って欲しいから、
傷つけてしまう時もある。

他の人がしても許せることでも、
愛する人がすると許せないこともある。

誰かを愛するということは、
その相手を傷つけてしまうこと。

 

しかしそもそも、
本当に誰かを愛することは、
言葉で言うのは簡単だけど、
実はとても難しい。

例え恋人や家族でも。

愛するということは、
自分より相手のことを想うこと。

好きと愛の違いは、そこにある。

 

好きは、自分が相手を求めること。

愛することは、
自分自身はどんな犠牲を払ってでも、
相手を幸せにし、満たすこと。

よって、自己中でわがままな人は、
誰かを愛することはできない。

 

誰かを愛することさえ難しいのに、
愛したとしても傷つけてしまうなんて、
人間は、悲しい生き物でもあるんだね。