完全な無職になってから7日。

深夜にワールドカップを観ているせいで、
寝るのは朝7時~8時。

更に、暑くてすぐ起きちゃうから、
ボケーっとした脳で活動してる。

最近の平均睡眠時間は4時間。

ワールドカップよ、早く終われ(笑)。

 

収入がないプレッシャーがありながらも、
起業準備や勉強はスローペース。

社員として働いていた時は、
毎日14時間も拘束されていて、
時間がないことを嘆いていたけど、
時間が沢山あっても、
結局はそんなに変わらないのかも。

人は、楽な方へ流されがちで、
自由過ぎると、何もしなくなるのかな。

 

 

やりたいことが思い浮かんでも、
それを実現させるまでには、
ある程度の時間がかかる。

その間に情熱が薄れてしまい、
何も始めなかったり、途中でやめたりする。

そして、やりたいことをやらない癖がつく。

「無気力な大人」のでき上がりってわけだ。

 

人の心は、時に弱いから、
やらなきゃいけない状況に身を置くのも、
良い手段かもしれない。

「今のまま」が快適で、満足してるなら、
そこから動けないのが普通だから。

自分を追い詰めるのも、戦略の1つ。

自由に好きなことをするのは、
意外と簡単じゃないのかもね。

 

 

それと、もう1つ、情熱が消える理由は、
何をしたらいいか分からないから。

情報収集をしたり、勉強したり、考えても、
答えが出てこない時がある。

答えがないから、行動に移せない。

それでも、とりあえず何かしてみても、
大抵のことは成果が出ない。

そうしている内に、諦めてしまう。

諦めるから、何も変わらないという、
負のスパイラルに陥る。

 

そんな状況を打破する方法は、
自分で見つけるしかない。

誰かにとっての正解が、
皆にとっての正解とは限らないから。

だからと言って、あまり深く考えずに、
自分のペースのままでいいと思う。

大丈夫。死にはしないよ。