情報リテラシーとは、
情報が正しいか間違っているか、
判断したり、インプットしたり、
アウトプットする能力のこと。

言うまでもなく、情報社会の現代では、
とても重要なスキル。

情報収集をしないのは論外で、
どんな情報に触れて、取り入れて、
どんな情報を切り捨てるのかで、
自分という人間が形成される。

 

ただ、どの情報が真実で、
どの情報が偽りかの判断は、
個人でするしかなくて、
全部正解を選ぶのは、非常に難しい。

人の噂話もそう。

仮説が、いつの間にか確定になったり、
内容が大きくなるのは、よくある話。

プライベートと仕事を、
同じような評価にしたり、
無理矢理カテゴライズしたり、
偏見や差別もある。

1年前は正解だったことも、
今は間違いになっている場合もある。

好感度が高かったタレントが、
スキャンダルで失墜することもある。

 

人を信じることは、純粋で美しいけど、
悪意のある人や情報も溢れている。

大人になるにつれて、世界を知って、
傷ついたり騙されたりして、
「まずは疑う」という習慣が身に付く。

それは、リスクを遠ざける予防策。

同時に、人との心の距離を広げたり、
うわべの自分や、表面上の関係を生み出す。

それを分かっていても、
人は、人や情報を疑う。

 

信じることも、疑うことも、
両方にメリットとデメリットがある。

大切なのは、情報リテラシー。

信じていいことか、ダメなことか、
正しい判断をするスキル。

その為にするべきことは、
絶対的に信頼できる人からの情報を、
インプットし続けること

そして、自分なりの判断基準を持つこと

この2つを守れば、
情報リテラシーは高まる。

まずは、情報リテラシーを知って、
日頃から意識することから始めよう。

情報は、自分と未来を変える道標。

何を信じて、どれを選ぶかは、自分次第。

青春