人の為に何かをすることは嬉しいこと。

自分の言葉や行動で誰かが喜んでくれたり、
救うことができたら、
お互い凄く良い気持ちになる。

皆が皆、そう思って行動できれば、
世界は今よりもっと良くなる。

そんな、理想論の1つ。

世の為人の為なんて、
善人ぶった言葉は照れ臭いけど。

誰かから受けた恩を、
その相手だけでなく、
他の人にも返してみる。

つまり、1人からもらった思いやりを、
2人以上に与えていく。

そうすれば、平和に暮らしていけるし、
皆が仲良しになれる。

 

でも現実は、何でそうならないんだろ?
って考えてみた。

まぁ考えるまでもないけど。

思いやりの連鎖が途切れるのは、
思いやりを受けた人が、
受け取りっぱなしで、
誰にも与えてないから。

もしくは限られた相手、
家族や恋人みたいな身近な相手にしか、
返してないから。

それともう1つ。

人を嫌な気持ちにする人がいて、
その嫌な気持ちを他の人にも与えるという、
負の連鎖も起きているから。

嫌な気持ちになった人が、
不機嫌になったり、八つ当たりしたり、
冷たくしたりする。

そして傷ついた、また他の誰かが、
思いやりある言葉や行動を忘れてしまう。

そもそも、思いやりが無意味に思えたり、
ないがしろにされることもあるからね。

 

思いやりの連鎖を生み出す為には、
自分が意識して、
人に対する言葉や行動を、
気をつけなきゃいけない。

大人の考え方や、
気持ちのコントロールが必要。

それができる人になれば、
絶対に青春できるよ。

そして、幸せになって
恵まれた人間関係も築けるし、
信頼されるようにもなる。

良いことだらけだから、
思いやりの連鎖を、
生み出せる人になってね。