大人達は青春したがってるけど、
青春は学生の特権だと思っているから、
自分たちが青春できると思ってない。

だけど、大人でも青春できるような、
機会や環境、キッカケさえあれば、
もっと沢山の人達が青春できる。

それが俺の自論であり、
青春Worldsの活動信念でもある。

 

でも現実はこうだ。

青春したいとは思っているけど、
青春とは、楽しいことをしたり、
友達に囲まれていたり、
大好きな人と恋愛をしていて、
リア充極まりない状態。

だから皆、楽しく遊びたがる。

イケてる異性と関わりたがる。

自由な時間とお金を欲しがる。

 

仕事で重視するのは、
給料の高さ、拘束時間の短かさ、
業務内容の大変さ。

なるべく楽をして、
短い時間で沢山稼ぎたがる。

だから大人達が集まると、
仕事の話を言い合うことが多い。

こういう待遇で、こんな業務をしている。

こんな嫌なことがある。
でも、こういう所は良い。

そんな感じで、待遇の話ばかり。

夢や将来のビジョンを語るのは、
本当にごくわずかの人だけ。

そんなライフスタイルだから、
気力も衰えていくし、
人間性も年老いていく。

 

今まで長い間、青春について考えたり、
研究や分析を続けてきた。

青春の定義とは、
理想の未来を実現させようとすること

究極の青春とは、
仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすこと

そんな格言まで作ったよ(笑)。

これは間違ってはいないと思うけど、
難しい感じに聞こえるかも。

もっとシンプルに言うと、
大好きで情熱を持てる何かをしてる時
なのかもしれないね。

 

ところが、大好きでも、
情熱があるとは限らない。

皆、美味しい物を食べるのは大好き。
でも、情熱はなかったりする。

好きイコール情熱にはならない。

でも、情熱イコール好きにはなる。

この変な方程式自体が、
何だか青春っぽくない?(笑)。

 

続く。