あれだけ大好きだったフットサルを、
約1ヶ月しないでいたら、
どうでも良くなってしまった(笑)。

でも久しぶりにしたら、楽しくて、
少なくても毎週1回はしたいくらい、
凄く平和で楽しくて爽やかな気分になった。

やっぱフットサルが好き。

 

ジャンル問わず、どんなに好きなことでも、
しないでいると飽きるらしい。

飽きる程度の気持ちしかないから、
しなくなるって解釈も正解。

忘れるって言うのかな。

思い出さなくなるし、思い出せなくなる。

失恋がいい例。

どんなに辛くて悲しくても、
時間が経つと、どうでも良くなる。

何でそうなるかというと、
思い出す時間が、少しずつ減っていくから。

生きていれば、何かあるわけで。

色んなことが起き続けて、気持ちや考えが、
違う方向に向いていく。

心も頭も、同じ所に留まり続けられない。

世界も人も自分も、変わり続けていく。

 

だから、やりたいことは、
やりたい内にやっておくべき!

情熱をほっといたら、
どうでも良くなっちゃうから。

後悔できたら、まだマシ。
後悔すらできなかったら、
自分の心と命がかわいそう。

人生は長いようで短くて、
やりたいこと全部やり切れる程、
多くの時間は残されていないから。

 

逆に言うと、ずっとやり続けていれば、
何となく自然に好きでいられる気がする。

良い意味でも、悪い意味でも。

依存的な要素もあるかも。

慣れ過ぎて当たり前みたいな。

家族の存在とか、仕事とかね。

好きって勘違いしてるだけで、
実はどうでもいいことがあるかも。

やり続けたからこそ、飽きる場合も多いし。

好きとか飽きるとか、継続とか依存とか、
人の気持ちって、なかなか複雑だ。