誰でも誰かを好きになったことがある。

家族、恋人、友人、先生、仕事仲間。

出会ってすぐに好きになって、
そのままずっと好きな場合もあるし、
途中から嫌いになる場合もある。

特に出会ったばかりの頃は、
好きになったり、嫌いになったり、
どうでも良くなったり、興味を持ったり、
感情が振れやすい時期。

だからこそ、ほとんどの人達は、
良い部分ばかり見せようとするし、
あらゆる場面で距離感がある。

なるべく好かれようとしたり、
関わらないようにしたりする。

 

これは人間として当たり前のことで、
悪いことじゃないし、
最初から素でいられる方が珍しい。

連絡を取ったり、一緒に何かして、
少しずつ時間を共にすることで、
相手との気持ちが変化していく。

 

 

でも、相手を好きになって、
それなりに時間が経ったのに、
好きが嫌いに変化する場合もある。

家族関係と恋愛関係は特に、
時間の経過と共に、気持ちが変化しやすい。

友人関係は、様々な面で自由だし、
仕事仲間は仕事と割り切ってるから、
どうでも良くなることはあっても、
好きが嫌いになりにくい。

その理由とは?

 

俺は、距離感だと思う。

距離感が近ければ近い程、
自分と同一化して扱う傾向がある。

 

何で自分の為にしてくれないの?

何で会ってくれないの?

何で断るの?

何で違う気持ちなの?

何で自分のこと考えてくれないの?

 

好きが嫌いに変わる前には、
こんな感情が芽生えるわけだけど、
これこそまさに、自分と他人の同一化。

自分は自分の思い通りに動くから、
相手も思い通りにしたくなるエゴ。

自分と他人を同一化すると、
他人が自分の思い通りにいかないことに、
イライラや不満が募っていく。

そして相手を許せなくなり、
遠ざけ、嫌いになり、関係が破綻する、
もしくは、知り合い程度の存在になる。

この原理は他人に対してだけでなく、
自分に対しても当てはまる。

自己嫌悪に陥ったり、自信を失くしたり、
色んなことを諦めるのも、
自分をコントロールできないことが原因。

好きだからこそ嫌いになるのは、
人間の感情の中でも、特に面白い部分だね。

 

 

こうして文章にしてると分かるけど、
自分と他人は、同一ではない。

人の気持ちも、何もかも全て、
ずっと同じままではいられない。

ずっと一心同体なんて、難しい。

それぞれのライフスタイルがあり、
成長や進化、変化もある。

少しドライな考え方かもしれないけど、
どんなに親しい間柄でも、
人は人、自分は自分。

他人をコントロールしたがる気持ちは、
傲慢な考えで、自身を孤独に追い込む。

他人は思い通りにならなくて当たり前。

同じ気持ちでいられる時が尊いんだ。

 

人生、いつどうなるか分からない。

お互い好き同士でいられる時間を、
大切に、感謝しながら過ごしていこう。

そうすれば、好きが嫌いになることは、
極力少なくなっていくはずだから。

みんな仲良しこよしが、青春だからね!

恋愛