人は、得られるものよりも、
失うものの方が価値が高いと感じる。

その心理は『損失回避の法則』として、
証明もされている。

要するに人は、メリットを得るよりも、
リスク回避を優先させるってこと。

 

例えば、1万円を得ることよりも、
1万円を失うことを避けたり、
恋人ができた喜びよりも、
別れた悲しみの方が大きいのも、
この損失回避の法則によるものかも。

好きなことをしたいけど、
安定した生活を捨てれないのも、
節約をして貯金するのも、
人間としては自然な判断なのかも。

 

 

得られるものと失うものが何かは、
人それぞれの価値観によって変わる。

夢を追うか追わないかの判断の場合、
失うものは何か、考えてみて。

 

安定した収入、世間体、多数派の安心感。

それらを思い浮かべた人は、夢を追わない。

 

理想の未来、本当の気持ち、希望や感動。

それらを思い浮かべた人は、夢を追う。

 

自分にとって、失うものは何か。

それは、言い方を変えれば、
自分にとって本当に大切なものは何か、
という表現もできる。

失うものの価値の方が高いなら、
失いたくないものは、
大切なものということになるから。

 

 

ただ、難しいのは、失わない為の選択が、
本当に正しいかどうかは分からないよ。

例えば、安定した生活を失いたくなくて、
今の会社で働き続けたとする。

でもその内、会社が倒産して、
無職になって、安定した生活を失うかも。

 

何が正解だったかなんて、
あとになってみないと分からないけど。

この場合は、早く会社に見切りをつけて、
転職した方が正解だったと言える。

生きる為に仕事をしていたのに、
仕事中の事故で亡くなる人もいる。

正しいと思っていた判断が、
結果的に間違いになることは、珍しくない。

 

だからさ、あんまり考え過ぎたり、
悩み過ぎても意味ないかもよ?

やりたいことやって、問題が発生したら、
その時に対策を考えて実行すればいい。

あれこれ悩んだり考え過ぎないで、
さっさと青春しちゃおうぜ!