ビジネスを営むとなると、
なるべく多くの人を集客して、
なるべく沢山収益を得て、
事業を拡大させたり、株式上場することが、
王道であり目標になりやすい。

だからこそ多くの人達は、
夢を叶えるのは難しくて、
「自分には無理だ」と思うのかも。

 

そこで、青春屋はどうかと考えてみると、
かなり専門的というか、
少数派をターゲットにさざるをえない。

「大人になっても青春したい」なんて、
本気で考えたり思ったりしてる人は、
そんなにいないからね。

十代・学生の特権と思われてる青春は、
大人にとっては若き日の思い出で、
「これからも青春しよう」なんて、
思ってないのが当たり前。

そんな常識が確立してる現代で、
大人になってからもバカみたいに、
心のどこかで青春したい奴にだけ、
このサイトの記事が届けばいい。

そんな、新しい覚悟というか、
ターゲットの絞り込みを再認識した。

 

でもね、大人の青春は、
最近よく聞く
「好きなことだけして生きていく」と、
昔ながらの
「大切な何かの為に努力や我慢をする」の、
両方が混ざり合ったハイブリッド型。

要するに、好きなことをする為に、
思いっきり頑張る的なイメージ。

難しそうとか、そこまで頑張れないとか、
めんどくさいって気持ちをはねのけて、
理想の未来を実現させる為に、
熱い今を駆け抜ける。

それが、青春本来の姿。

そんな青春が、できるかできないかに、
年齢や環境は関係ないよ。

 

 

青春屋がビジネスにならないとか、
多くの人の支持を得られないことなんて、
青春することを諦めた人の意見。

俺は生きている限り、
青春することをやめない。

こんな風に思ってる奴が、
世界に俺1人なわけない。

熱い志を持った同志が、どこかに必ずいる。

そして、お互い青春し続ければ、
いつかどこかで出会える。

それまで、成すべきことを成すだけ!

絶対に諦めない!

青春屋として、絶対成功してみせる!

青春