しがない毎日を送る毎日から、
何とか抜け出したいと思っていても、
青春するほどの時間とお金はない。

かと言って、生活の為に仕方なく働いたり、
しがない現状を生きていくのも嫌。

それに、例え自由な時間や
お金があったとしても、
何をしたらいいのか分からない人も多い。

新しく誰かと出会ったとしても、
次に会えるのはいつになるか分からない。

だから、仲良くなりにくい。

それが現代の日本の現状。

この現状から抜け出せている大人は、
ほんのわずかしかいない。

でも皆は求めてる。

自分らしく生きられる毎日を。

自分の存在証明を。

 

好きなことをすることや、
やりたいことをすることは、
難しくなんかない。

別に毎日する必要はないしさ。

生活の為に仕方なく働く日があれば、
好きなことをする日もあっていい。

1日が無理なら、1時間でもいい。

誰にでもほんの少しなら、
好きに過ごせる時間があると思う。

 

 

しかし、冷静に考えてみると、
何でこんな世の中になったんだろう。

詳しくはないけど、
日本以外の先進国は、
青春してる大人が多い。

日本は大人になったら終わりというか、
若い内が華みたいな印象があるけど、
外国では、20代・30代・40代と、
それぞれの楽しみ方があるって考えてる。

それぞれの年代で、
しやすいことやしにくいことがあって、
今できることを大切にしてる。

例えば、20代は思いっきり遊んで、
30代は子供と一緒に過ごす時間を
大切に過ごす。

40代になったら趣味に没頭し、
50代になったら
アフターライフの準備をする。

日本人はよく
「あーぁ〇歳になっちゃった」
って言うけど。

外国では
「〇歳になれたぞ!」
的なノリなのかもしれない。

何でもそうだけどさ、
どうせ変えられないことなら、
ポジティブに受け入れた方が、
楽しく生きていけると思う。

どうせ歳は取る一方だし、いつか死ぬ。

なら今を思いっきり楽しもうぜ!

それしかないじゃん!
俺達にできることは!

見つけるんだ。自分にとっての青春を。