青春

夢があるっていうと、
どうせ失敗するとか、
リスクが高いからやめとけとか、
色んなアドバイス?をもらう。

心配してくれるのはいいけど、
皆、本当に大切なことを分かってない。

夢が叶うことは、好きな仕事をして、
お金を稼ぐことがゴールだと思われてる。

それも、一応社長という名目のせいか、
お金持ちになることが成功の定義みたい。

まぁ、確かにそういう人もいるけど。

夢は、その人が望む理想の未来であって、
必ずしも経済的な豊かさを得ることが、
夢の実現になるとは限らない。

 

更に、夢があるって言うと、
叶わないこととか、可能性が低いことや、
無謀な挑戦的な意味で受け取る人も多い。

実際に「儚い」って漢字は、
「人の夢」って書くし。

それに現代では、冷めてて現実的な、
安心・安定を求める人が多い。

そのせいか、夢の話は、
あまり身近に聞かない。

あまり使われない言葉のせいか、
怪しいイメージすらあるかも。

唐突に「あなたの夢は何?」
って聞かれたら、
「怪しい勧誘が始まりそうだな」
って思うもん(笑)。

ネットワークビジネスかなって思う(笑)。

 

可愛くて現実的な夢なら、
夢ってよりは、好きなことや、
したいことって表現する人が多い。

夢のマイホームとか、
海外旅行に沢山行きたいとか。

夢を追うこと自体が、
若い内の特権的なイメージもある。

20代前半の人が、
ミュージシャンを目指すのは、
カッコイイ感じがするけど、
40代で目指していたら、
引く人が多いのが現実。

「年相応」なんてくだらないけど、
そんなつまんない常識が蔓延してる。

皆もっと、自分の気持ちに素直になって、
好きなことをし続ければいいのに。

何歳になったって、
自分の理想を実現させようと、
青春し続けた方が、
絶対楽しいと思うから。

 

続く。

次回の記事はこちら↓
夢を叶えるより大切なこと2