社員としての仕事を退職して、
残業時間が激減したり、
有給消化に入るから、自由な時間が増える。

そこで、やりたいことを考えてみて、
思い浮かんだのは、起業準備よりも、
今まで我慢していた遊びだった。

 

青春屋として起業する原点は、遊び。

好きなことややりたいことは、
遊びであることが多い。

娯楽って言い方でもいいね。

尊敬してるホリエモンも言ってる。
「仕事は娯楽である」と。

好きなことややりたいことは、
楽しんで実行できるからね。

俺は毎日記事を更新してるけど、
2年以上記事を書き続けることは、
人によっては苦痛だと思う。

だからできない人が多い。

したくもないことは、続かないし、
成長も遅いくて、つまらない。

 

あと、好きな遊びをしないと、
飽きることもないから、
「やりたい」と思ってる状態から進めない。

やりたかったけど、
やってみたら楽しくない場合もある。

でもやらないと、気づけない。

だから俺も、今まで我慢していた、
やりたい遊びを、どんどんやっていく。

それが起業準備にも直結する。

 

結局、ほとんどの人にとって、
好きなことややりたいことは、
遊びや娯楽レベル。

起業やプロジェクトみたいに、
大きなスケールを求めてる人は少ない。

でも、遊びや娯楽を、
もっと楽しくすることはできる。

なるべく簡単に、ハードルを低くして、
「やってみようかな」って気持ちを、
呼び起こすこともできる。

1人ぼっちよりも、皆でやった方が、
楽しいことも多いし、
一緒にやったり何かを共有することで、
世界が拡がる場合もある。

仲間も増えるし、思い出も増える。

それが青春に繋がる。

 

まぁ、好きなことやるって言っても、
結局はサイトをリニューアルしたり、
プロジェクトを進めたりして、
仕事してるようにしか見えないかも(笑)。

自分の思い通りにいくわけないし、
問題や障害にもぶち当たるだろうけど。

「やりたいことしかやらない」
くらいの気持ちで、駆け抜けてみるよ。