若い時は、見た目とか、やってることとか、
分かりやすく、表面的なものばかりを、
魅力って思ってたけど。

30代になると、本当の魅力は、
人間性とか、考え方や価値観、
発する言葉や行動だと気づいた。

見た目や、やってることが、
魅力じゃないってわけじゃなくて。

そういう表面的なものより、
内面的なものの方が、凄く魅力的。

 

例えば、見た目が普通でも、
人間性が良ければ、
自然と見た目の評価も上がる。

逆に、見た目が良くても、
人間性が悪ければ、
自然と見た目の評価も下がる。

それに、歳を取れば取る程、
その人の人間性や生き様が、
見た目に現れるようになる。

人間性や生き様によって、
顔に表す表情が違う。

よって、よく使う表情筋が違う。

怒ってばかりいる人は、
眉間にしわがつきやすく、
目尻も吊り上がりやすい。

不満や文句ばかり言う人は、
口角が下がりやすい。

生き生きとしてる人は、
瞳が輝いている。

充実した毎日を送ってる人は、
自然な笑顔で人と話す。

人を思いやることができる人は、
人の眼を見て、話をしっかり聞く。

そんな風に、人間性は、
見た目に現れやすくなっていく。

 

言葉や喋り方もそう。

穏やかなのか、高圧的なのか。

早口か、ゆったりか。

思いやりを感じるか、乱雑か。

目で見るだけではなく、
耳で聞く声からも、
その人の人間性を知ることができる。

例えば、掃除をして欲しい場合、

掃除しろ。
掃除して。
掃除してくれる?

という風に、同じ内容でも、
ほんの少しの言葉違いで、
受け取る相手の気持ちは変わる。

「〇〇しろ」は、
上から目線の命令。

「〇〇して」は、
対等関係のお願い。

「〇〇してくれる?」は、
お願いであると同時に、
そうしてくれたら嬉しいという、
感謝の気持ちを先行させて伝えてる。

 

あなたは、どの言葉使いをしてるかな。
そして、どの言葉を受け取りたいかな。

ほんのささいな言葉が、
人間性と人間関係を変えていく。

人間性も、人間関係も、良い方が良いよね。

嫌われるより、好かれる方が良いからさ。

 

ほとんどの青春は、1人ではできない。

仲間や協力者や賛同者が必要。

その為にも、魅力的な人間になろう。

魅力的な人間になれば、
自然と周りに人が集まってくる。

それは青春の始まり。
新しい可能性が拡がるきっかけ。

たった1人との出会いが、
後の人生を大きく変える場合もある。

そして、ほとんどの魅力は、
努力すれば高められる。

もって生まれた魅力もあれば、
努力して得られる魅力もある。

自分だけの魅力もあるし、
自分にしかできないこともある。

日々、人間性を高める意識を持って、
魅力を高めていこう。

そして青春するんだ。

そんな人生は、素晴らしく、
希望に満ち溢れているから。