ネットやスマホが普及して、
画面越しのコミュニケーションが増えた。

言葉を交わすことが減り、
文字でのやり取りが増えた。

SNS上で簡単に繋がり、
簡単に切れる関係もある。

直接会ったり、触れ合う時間が減り、
デジタルコミュニケーションが増えた。

そんな時代に生きていると、
何となく、人間らしさが薄れた気がして、
寂しいような、切ないような気持ちになる。

でも、時代の流れは止められない。

ある意味、人を人とも思わぬ時代を、
俺達は、どうやって生きていこう。

 

 

SNS上の「いいね」やフォロワーの数は、
必要以上にこだわる人はないと思う。

他人の反応が良くないからといって、
自己否定するのも意味がないし、
それならSNSをやらない方が良い。

画面越しの人の気持ちなんて、
実際は分からないし。

考えてもしょうがないことは、
考えるだけ損だよ。

仕事上必要ならしょうがないけど、
プライベートなら、楽しければいい。

そのくらい気楽にやればいい。

 

平和

 

一方、青春には、人の気持ちとか、
優しさや暖かさが必要不可欠で、
現代とは真逆の価値観を持っている。

だからこそ良いのかもしれないし、
悪いのかもしれない。

適合するかもしれないし、
しないかもしれない。

 

俺の意見としては、青春は、
狭い範囲では価値が高まり、求められる。

時代の逆や先を行くと、そうなりがち。

青春の素晴らしさを最大限に引き出し、
キッカケや環境を創り出すことが、
俺の使命でもあり、大前提だけど。

青春2.0みたいな新常識を打ち立てたい。

 

 

メールやラインが主流だからこそ、
手書きの手紙が価値を持つように、
古き良き産物は、特別感を持つ。

ただ、古ければいいわけじゃなくて、
新しいものを取り入れながら、
進化して適応するのが一番良い。

昔から良いイメージがあり、
懐かしくも熱い青春を、
現代風にカスタマイズできたなら、
新しいイノベーションを創り出せる。

 

神社の御朱印巡りなんかは、
古風と現代を合わせた良い例。

神社も御朱印も、昔からあるけど、
御朱印巡りブームは、最近起きた。

それに伴って、神社や寺院側も、
期間限定の御朱印を作ったりして、
神社や寺院に訪れる人を増やしている。

 

 

 

広報や施策次第で、眠っていた何かが、
世の中に広まり、評価され、求められる。

どんなことでも、その可能性はある。

もちろん、青春にも、人間関係にも。

 

その為に、デジタルやSNSは、
大きな効果を発揮する。

人を人とも思わぬ時代は、
何もデメリットだけじゃない。

メリットも沢山ある。

どんな状況下でも、最善の選択を選ぶ。

それは、今も昔も、これからも変わらない。

現状を嘆いても、何も始まらない。

こんな時代だからこそのチャンスもある。

自分なりの青春を探してみよう!