大人が青春できない理由は、
分かってるだけでも沢山ある。

その中の1つが、
本当の自分を偽って隠して、
見失ってしまうこと。

 

十代・学生時代は、
素直でありのままでいやすい。

若さゆえの様々な自由が許されている。

でも、大人になると状況は一変する。

許されないことが増えるし、
様々な自由が失われてしまう。

義務とか責任の範囲も拡がる。

誰かと同調することも増えるし、
自分の意見も言いにくくなる。

正しいか正しくないかも、
自分じゃなくて他人が決めたり、
押し付けられる時も多い。

自由な時間も少なくて、
やりたくてもできないことが増えて、
いつの間にか情熱さえも冷めていく。

だから大人は、
つまらない顔してる人が多い。

十代は大人になることを嫌がる。

あんな風になりたくはないと思いながら、
いつの間にかそんな大人になっていき、
未来に絶望を見る。

 

そうなってしまう理由は、
上手に生きようとするから。

上手に生きるということは、
周りとのトラブルを避けたり、
安定を求めたり、批判を避けたり、
多数派でいようとすること。

自分と違うものは、否定して拒絶する。

その方が安心するし、納得できるから。

そして、常識も重視する。

「普通はこうだから」とか言って、
常識からはみ出すことを嫌い、否定する。

我慢したり自分を押し殺すことが、
美徳で素晴らしくて、
「頑張ってるね」「偉いね」って評価する。

だって、自分もそうして生きてきたから。

したいことよりするべきこと、
好きなことより嫌いなことを、
無理矢理選んで生きてきた自分を、
自分自身が認めてあげたいから。

 

でもね、そういう上手な生き方は、
本当の自分が少しでも残っていたら、
将来、絶対に後悔する。

自分自身の人生を、
自分らしく生きられなかったことに。

 

続く。