今日は、街コンリーダーのバイトだった。

スタッフ席で本を読んでいたら、
隣の席の男性2人組が、
「趣味はフットサルです」
と言っていたので、
すかさず話しかけてみた(笑)。

その内の1人は、
40人規模のフットサルで遊んでいて、
あさって、一緒に行くことになった。

しかも仕事場が、
俺達がいつもフットサルしてるコートから、
たった5分の場所にあるらしく、
青春同好会のフットサルにも、
是非参加したいと言ってくれた。

もう1人は、フットサルイベントを、
開催することもあるらしい。

フットサル教室にも通っていて、
かなりの実力者っぽい感じがした。

フットサルが大好きで、
イベントまで開催しちゃうなんて。

絶対仲良くなれるじゃん!

好きなことでイベントを開催するなんて、
俺がしようとしてることそのもの!

 

もし俺がたった一言、
「フットサルやってるんですか?」
と話しかけなかったら、
俺達は、単なるスタッフと参加者のまま、
今後出会うことはなかったかもしれない。

それが、たった一言の声掛けによって、
フットサル仲間になれた。

今度は、お互いのフットサル仲間を通じて、
もっと仲間の輪が広がると思うし、
色んな可能性を拡げていきながら、
一緒に青春していける。

 

このように、
たった一言、たった一つの行動が、
時に未来を変えていく。

同じことが好きな人同士は、
すぐに友達になれる

好きなことをしてるだけで楽しいのに、
更に友達も増えて、青春できる。

だから好きなことをすることは、
とても大切で、幸せで楽しいこと。

好きなことをしない理由なんて、
一つもありゃしないんだ!

だから皆も、色んな人達に、
自分から積極的に声を掛けていこう!

青春の始まりを、作り出すんだ。