青春ドラマを観ていたり、
周りの人達の言動を聞いて、
一般的な青春の定義とは何か、
考えてみた。

結果、辿り着いた答えは↓

若々しい学生が、
学生時代にしかできないことをして、
楽しんだり、真剣になったりして、
感情が高ぶる時間を過ごすこと。

こんな感じかな。かなり長い(笑)。

個人的には、青春の定義ってより、
思春期の定義って思うけどね。

 

青春

 

青春は、十代・学生の特権。
社会人になったら青春できない。

一般的には、そう認識されてる。

でも、社会人でも青春はできる。

どうすれば青春できるかは、
今まで沢山の記事で書いてきた。

だから今回はあえて、
一般的な青春について考えてみた。

 

青春っていうと、若くて未熟で、
初々しくて、新鮮なイメージ。

でも簡単に言うと、単純に、
学生時代イコール青春って解釈が、
一般的な青春の定義のような気もする。

でも考えれば考える程、
本当の青春は違うとか、
もっと深くて尊いものなんだって思う。

 

時間を戻すことはできないから、
年齢的に若返ることはできないし、
十代の学生をやり直すこともできない。

でも、自分さえその気になれば、
20代でも30代以上になっても、
青春することはできる。

だからこれからも、
十代の青春、大人の青春、
両方の研究と分析を続けていく。

抽象的で漠然としてる青春を、
明確に解き明かすことで、
青春する可能性を高めることができる。

そう信じているし、
何より俺自身が、青春大好きだから。

一般的な青春の定義を、覆してみせる。

それが、俺が目指すイノベーション。