アメトークの、ゲーム芸人を観た。

懐かしい話ばかりで、超楽しかった!

思わず見入ってしまったわ。

俺も小学生の頃から31歳くらいまで、
沢山ゲームをした。

でも今では、スマホゲームの
ツムツムくらいしかやってない。

本当は、もっと色んなゲームを
したいんだけどね。

 

自分が子供の頃は、
大人はゲームをしないもんだと思ってた。

世代じゃないってのもあったけど。

今の大人は、ゲームやる人も多いかも。

子供の頃から、
テレビゲームがある環境だったからね。

でも、歳を取れば取る程、
ゲームをしなくなる傾向がある。

その理由を考えてみた。

 

自分の場合は、単純に時間がないから。

それに、大人なんだから、
ゲームばっかしてちゃいけないとも思う。

楽しいゲームは、
きっと沢山あるんだろうけど。

やる気にならないんだよね。

やりたいんだけど、
やる気にならないって不思議。

ゲームは、安くて長く遊べるから、
コスパはかなり高いと思う。

ゲームをするということは、
結構、良いことだらけなのにね。

 

でも実際には、
30歳を過ぎてもゲームばかりしている人は、
ろくな大人じゃない可能性が高い。

結婚してない可能性も高い。

孤独な人も多い気がする。

多分、ゲームの最大の欠点は、
現実ではほとんど役に立たないからかも。

結局、1人遊びになりがちだからさ。

自己満の世界なんだよね。

現実逃避の一種とも言える。

 

イケてる人や、尊敬されるような人は、
ほとんどゲームなんてやってない。

もっと本当に大切な何かに、
時間やお金を使っている。

ゲームばかりする毎日を、
理想としている人は少ない。

だからこそ、やっぱり、
いい歳でゲームばかりしてる人は、
ろくでもない大人なのかもしれないね。

 

現実的に、ゲームばかりやっていて、
そのまま人生を送り続ける人も、
これから先、増えていくのかも。

それは、とても悲しいこと。

人が作り出した物に、
人生が飲み込まれるなんて。

きっと本当に楽しいものや、
本当に大切なものにも気づくことなく、
一生を終えてしまうんだろう。

後悔することすらできず。
青春することもなく。

 

まぁいいさ。本人がそれでいいなら。

自分の人生は、自分で決めればいい。

個人の価値観を、
他人に押し付けてはいけない。

でも俺個人の意見としては、
ゲームばっかしてないで、
青春しようぜ!って思うよ。

世界は広いし、
未知なる可能性と希望で溢れているから。